Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 葉栗郡(はぐりぐん)は、かつて愛知県西北部にあった郡。人口31,684人、面積9.51 km²。(2003年:最終)2005年(平成17年)3月31日の時点では、木曽川町(きそがわちょう)が属していたが、2005年(平成17年)4月1日、同町が尾西市と共に一宮市に編入されたため消滅した。過去、大正郡制廃止時に郡役所は葉栗村(昭和戦前に一宮市に合併)におかれていた。また戦後は北方村や浅井町、宮田町、草井村などが属していたが宮田町と草井村は1954年(昭和29年)6月1日に丹羽郡2町と合併して江南市の一部となり、北方村、浅井町などは一宮市と合併した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 30478 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9376 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 123 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58477319 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:title
  • 自治体の変遷
prop-ja:titlestyle
  • background:lightgrey;
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 葉栗郡(はぐりぐん)は、かつて愛知県西北部にあった郡。人口31,684人、面積9.51 km²。(2003年:最終)2005年(平成17年)3月31日の時点では、木曽川町(きそがわちょう)が属していたが、2005年(平成17年)4月1日、同町が尾西市と共に一宮市に編入されたため消滅した。過去、大正郡制廃止時に郡役所は葉栗村(昭和戦前に一宮市に合併)におかれていた。また戦後は北方村や浅井町、宮田町、草井村などが属していたが宮田町と草井村は1954年(昭和29年)6月1日に丹羽郡2町と合併して江南市の一部となり、北方村、浅井町などは一宮市と合併した。
rdfs:label
  • 葉栗郡
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of