Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 葉室 光忠(はむろ みつただ)は、室町時代後期の公卿。権大納言葉室教忠の子にして、母は葉室頼時の女。室町将軍足利義材の側近公家衆として権勢を振るったが、明応の政変に敗れて細川政元の命により殺害された。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2697285 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2877 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 108 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55013196 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主君
prop-ja:
prop-ja:
  • 頼継
prop-ja:官位
  • 正三位権大納言
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • --04-29
prop-ja:氏名
  • 葉室光忠
prop-ja:氏族
  • 藤原北家勧修寺流、葉室家
prop-ja:父母
  • 父:葉室教忠、母:葉室頼時女
prop-ja:生誕
  • 宝徳3年(1451年)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 葉室 光忠(はむろ みつただ)は、室町時代後期の公卿。権大納言葉室教忠の子にして、母は葉室頼時の女。室町将軍足利義材の側近公家衆として権勢を振るったが、明応の政変に敗れて細川政元の命により殺害された。
rdfs:label
  • 葉室光忠
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:人物 of
is foaf:primaryTopic of