Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 菩薩戒(ぼさつかい)、もしくは大乗戒(だいじょうかい)とは、大乗仏教における菩薩僧と大乗の信者に与えられる戒律である。このうち、日本において菩薩戒の代表とされる大乗『梵網経』に基づく「梵網戒」は、下述するように、南都六宗以来、大きな論争の的になってきたものであり、その後の日本の仏教史の変遷にも極めて大きな影響を与えている。現在の日本では戒律が途絶えているために、「大乗戒」と呼ばれる大乗仏教における戒律の詳細が忘れられているので、根本仏教に依所する「三聚浄戒」(さんじゅじょうかい)を、本来は別の戒律である大乗仏教における各種の菩薩戒の総称として用いていて、それら菩薩戒が『三聚浄戒』とも名づけられて以下の3種類の説があるが、一般的には最初の「梵網戒」を指す。したがって、本稿でも以降、この戒律について記述していく。 梵網系統の説では、授戒の作法は鳩摩羅什訳の大乗『梵網経』によっており、その具体的な内容は、同経所説の「十重四十八軽戒」である。これは、「三聚浄戒」中の「摂律儀戒」である。また、大乗『梵網経』の「菩薩心地戒品」第十は上下2巻として訳出されたが、その下巻の偈頌以後の所説を別録とした。天台智顗は、『菩薩戒経』と名づけ、弟子の灌頂が義疏2巻を撰した。 瑜伽系統の説では、『善戒経』に依る。この経典は、釈迦の成道時の所説とされている。兜率天にある弥勒菩薩が直接に聞いて説いたのが、『瑜伽師地論』の「菩薩地品」であるとされる。こちらの説によれば、「摂律儀戒」は声聞の所説と同じで、比丘の二百五十戒と同じであるという。但し、菩薩の「利他」のために、あらゆる善法を摂め、一切の衆生を済度するさまを、菩薩戒としている。『優婆塞戒経』の系統の説は、大乗仏教の特色を持つインド以来の在家の菩薩を対象とした戒であるが、中国仏教の中でも禅宗や、主に古い系統の中国密教である「唐密」において現在も継承されている戒律である。歴史的な変遷の中で何度か日本に伝わってはいたが、結果的には定着しなかった。ちなみに、元々の鑑真・東大寺戒壇・奈良仏教的枠組みでは、出家者に授けられる「戒律」(波羅提木叉・具足戒)に対して、在家信徒に授けられる戒(五戒・八斎戒)や大乗の「菩提心戒」を「菩薩戒」と通称することもあるので注意が必要である。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 246463 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3087 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 112 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55884772 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 菩薩戒(ぼさつかい)、もしくは大乗戒(だいじょうかい)とは、大乗仏教における菩薩僧と大乗の信者に与えられる戒律である。このうち、日本において菩薩戒の代表とされる大乗『梵網経』に基づく「梵網戒」は、下述するように、南都六宗以来、大きな論争の的になってきたものであり、その後の日本の仏教史の変遷にも極めて大きな影響を与えている。現在の日本では戒律が途絶えているために、「大乗戒」と呼ばれる大乗仏教における戒律の詳細が忘れられているので、根本仏教に依所する「三聚浄戒」(さんじゅじょうかい)を、本来は別の戒律である大乗仏教における各種の菩薩戒の総称として用いていて、それら菩薩戒が『三聚浄戒』とも名づけられて以下の3種類の説があるが、一般的には最初の「梵網戒」を指す。したがって、本稿でも以降、この戒律について記述していく。 梵網系統の説では、授戒の作法は鳩摩羅什訳の大乗『梵網経』によっており、その具体的な内容は、同経所説の「十重四十八軽戒」である。これは、「三聚浄戒」中の「摂律儀戒」である。また、大乗『梵網経』の「菩薩心地戒品」第十は上下2巻として訳出されたが、その下巻の偈頌以後の所説を別録とした。天台智顗は、『菩薩戒経』と名づけ、弟子の灌頂が義疏2巻を撰した。 瑜伽系統の説では、『善戒経』に依る。この経典は、釈迦の成道時の所説とされている。兜率天にある弥勒菩薩が直接に聞いて説いたのが、『瑜伽師地論』の「菩薩地品」であるとされる。こちらの説によれば、「摂律儀戒」は声聞の所説と同じで、比丘の二百五十戒と同じであるという。但し、菩薩の「利他」のために、あらゆる善法を摂め、一切の衆生を済度するさまを、菩薩戒としている。『優婆塞戒経』の系統の説は、大乗仏教の特色を持つインド以来の在家の菩薩を対象とした戒であるが、中国仏教の中でも禅宗や、主に古い系統の中国密教である「唐密」において現在も継承されている戒律である。歴史的な変遷の中で何度か日本に伝わってはいたが、結果的には定着しなかった。ちなみに、元々の鑑真・東大寺戒壇・奈良仏教的枠組みでは、出家者に授けられる「戒律」(波羅提木叉・具足戒)に対して、在家信徒に授けられる戒(五戒・八斎戒)や大乗の「菩提心戒」を「菩薩戒」と通称することもあるので注意が必要である。
rdfs:label
  • 菩薩戒
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of