Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『菜穂子』(なおこ)は、堀辰雄の長編小説。堀の唯一のロマン(本格的長編物語)で、堀文学の到達点といわれる晩年の代表作である。プロローグとなる「楡の家」と本編「菜穂子」を合わせた二編から成る。或る小説家との恋で、生来のロマネスクな性格を生き、その情熱を慎ましさのうちに踏み堪えた母と、母の恋に反発しつつも、母と同じ素質と、それ以上に破滅的な傾向を自分のうちに予感した娘が、母が守ろうとした「永遠にロマネスクなもの」を敢然と拒絶し、心の平安を求めて愛のない結婚に逃避する物語。不幸な結婚生活に陥ったヒロインが幼馴染の青年との再会を通じ、自己を見つめ「生」を追い求めて葛藤してゆく過程が、美しく厳しい信州の自然を背景にして、彼女を想う青年の孤独な旅の喪失感や、夫の心理との対位法的な構成によって描かれている。
dbpedia-owl:author
dbpedia-owl:country
dbpedia-owl:literaryGenre
dbpedia-owl:mediaType
dbpedia-owl:publicationDate
  • 2018-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:publisher
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2708308 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 15168 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 183 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58435787 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:author
prop-ja:genre
prop-ja:language
  • 日本語
prop-ja:portal
  • 文学
prop-ja:published
  • --11-18
prop-ja:publisher
prop-ja:title
  • 菜穂子
prop-ja:type
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『菜穂子』(なおこ)は、堀辰雄の長編小説。堀の唯一のロマン(本格的長編物語)で、堀文学の到達点といわれる晩年の代表作である。プロローグとなる「楡の家」と本編「菜穂子」を合わせた二編から成る。或る小説家との恋で、生来のロマネスクな性格を生き、その情熱を慎ましさのうちに踏み堪えた母と、母の恋に反発しつつも、母と同じ素質と、それ以上に破滅的な傾向を自分のうちに予感した娘が、母が守ろうとした「永遠にロマネスクなもの」を敢然と拒絶し、心の平安を求めて愛のない結婚に逃避する物語。不幸な結婚生活に陥ったヒロインが幼馴染の青年との再会を通じ、自己を見つめ「生」を追い求めて葛藤してゆく過程が、美しく厳しい信州の自然を背景にして、彼女を想う青年の孤独な旅の喪失感や、夫の心理との対位法的な構成によって描かれている。
rdfs:label
  • 菜穂子 (小説)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 菜穂子
is dbpedia-owl:notableWork of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of