Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 菅 一乗(すが いちじょう、1976年2月9日-)は日本人のレーシングドライバー。大分県出身。血液型はA型。1998年にFJ1600九州選手権でデビュー。翌1999年にシリーズチャンピオンを獲得する。その後はF4にステップアップし、2003年より全日本GT選手権(現SUPER GT)に参戦を開始。第2戦で早くもポールポジションを獲得する。ちなみにこのときGT300クラスのレコードタイムをマークしており以後更新される事なく富士スピードウェイが改修工事が開始されたため二度と破られる事のない記録となった。このポールポジションでの活躍が認められ、2004年はフェラーリ360モデナでベテランドライバー松田秀士とコンビを組んで参戦する事となった。2005年にはポルシェ・ボクスターをドライブすることとなり、大井貴之とともに参戦。しかし、車の開発が上手くいかず苦戦を強いられた。2006年も引き続きボクスターをドライブする。再び松田秀士とコンビを組んで参戦する。開幕戦から好調で毎戦上位争いを演じ、シリーズ9位となる。2011年現在は、九州大谷短期大学(仏教学科)を卒業し副住職としての活動を開始する。主なレース活動は、オートポリスを中心に公式レースのセーフティカードライバー等を務める。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 553445 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1804 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 30 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58149339 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 菅 一乗(すが いちじょう、1976年2月9日-)は日本人のレーシングドライバー。大分県出身。血液型はA型。1998年にFJ1600九州選手権でデビュー。翌1999年にシリーズチャンピオンを獲得する。その後はF4にステップアップし、2003年より全日本GT選手権(現SUPER GT)に参戦を開始。第2戦で早くもポールポジションを獲得する。ちなみにこのときGT300クラスのレコードタイムをマークしており以後更新される事なく富士スピードウェイが改修工事が開始されたため二度と破られる事のない記録となった。このポールポジションでの活躍が認められ、2004年はフェラーリ360モデナでベテランドライバー松田秀士とコンビを組んで参戦する事となった。2005年にはポルシェ・ボクスターをドライブすることとなり、大井貴之とともに参戦。しかし、車の開発が上手くいかず苦戦を強いられた。2006年も引き続きボクスターをドライブする。再び松田秀士とコンビを組んで参戦する。開幕戦から好調で毎戦上位争いを演じ、シリーズ9位となる。2011年現在は、九州大谷短期大学(仏教学科)を卒業し副住職としての活動を開始する。主なレース活動は、オートポリスを中心に公式レースのセーフティカードライバー等を務める。
rdfs:label
  • 菅一乗
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of