Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 荘田 教高(しょうだ のりたか、生没年不詳)は、江戸時代前期の剣豪で、柳生四天王の一人。通称喜左衛門。庄田。奈良の生まれで、柳生石舟斎の元で新陰流を学び、皆伝し庄田心流を開いた。寛永期に榊原氏に剣術指南役として招かれた。越後高田城主・榊原忠次に仕えたと伝わる話もあるが、寛永期、忠次は館林藩におり、しかも高田城主になることはなかった。越後高田城主になるのは忠次から6代後の榊原政永であるのでこの説には信憑性が無い。また、高田藩剣法師範の荘田奥三郎を教高の子とする見解もあるが、時間の不一致が見られる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2024252 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 481 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 18 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57167812 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 荘田 教高(しょうだ のりたか、生没年不詳)は、江戸時代前期の剣豪で、柳生四天王の一人。通称喜左衛門。庄田。奈良の生まれで、柳生石舟斎の元で新陰流を学び、皆伝し庄田心流を開いた。寛永期に榊原氏に剣術指南役として招かれた。越後高田城主・榊原忠次に仕えたと伝わる話もあるが、寛永期、忠次は館林藩におり、しかも高田城主になることはなかった。越後高田城主になるのは忠次から6代後の榊原政永であるのでこの説には信憑性が無い。また、高田藩剣法師範の荘田奥三郎を教高の子とする見解もあるが、時間の不一致が見られる。
rdfs:label
  • 荘田教高
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is foaf:primaryTopic of