Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 荘司 雅子(しょうじ まさこ、1909年10月6日 - 1998年2月22日)は、日本の教育学者。台湾の生まれ。奈良女子高等師範(現奈良女子大学)を卒業後、広島文理科大学(現広島大学)教育学科に進学。そこで、ペスタロッチ研究者として知られる長田新に師事。彼女は、フリードリヒ・フレーベルと幼稚園教育学を研究テーマに選ぶ。卒業後、広島大学で助手、講師、助教授を経て、教授となる。「フレーベル研究」で日本では女性で最初の文学博士の学位を取得。定年退職後、聖和女子大学(現聖和大学)の教授などを務めた。また、晩年は、体の衰えで車椅子の生活を余儀なくされていたが、その障害をおして日本保育学会、日本ペスタロッチー・フレーベル学会の会長も勤めた。ドイツのイェーナ大学からはフレーベル研究でシラー賞を授与されている。彼女の業績は、主著の『フレーベル研究』と『フレーベルの教育学』のほか、玉川大学の小原国芳との共同による『フレーベル全集』の監訳がある。また看護、福祉、心理で話題になる発達課題につき、その提唱者ロバート・J・ハヴィガーストの著書を昭和20年代にいち早く邦訳紹介したのも彼女である。現在出ているその本は、復刊されたものである。生涯独身であり、養女の安子がいたが、2010年に逝去。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 209170 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1782 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 36 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58720103 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 荘司 雅子(しょうじ まさこ、1909年10月6日 - 1998年2月22日)は、日本の教育学者。台湾の生まれ。奈良女子高等師範(現奈良女子大学)を卒業後、広島文理科大学(現広島大学)教育学科に進学。そこで、ペスタロッチ研究者として知られる長田新に師事。彼女は、フリードリヒ・フレーベルと幼稚園教育学を研究テーマに選ぶ。卒業後、広島大学で助手、講師、助教授を経て、教授となる。「フレーベル研究」で日本では女性で最初の文学博士の学位を取得。定年退職後、聖和女子大学(現聖和大学)の教授などを務めた。また、晩年は、体の衰えで車椅子の生活を余儀なくされていたが、その障害をおして日本保育学会、日本ペスタロッチー・フレーベル学会の会長も勤めた。ドイツのイェーナ大学からはフレーベル研究でシラー賞を授与されている。彼女の業績は、主著の『フレーベル研究』と『フレーベルの教育学』のほか、玉川大学の小原国芳との共同による『フレーベル全集』の監訳がある。また看護、福祉、心理で話題になる発達課題につき、その提唱者ロバート・J・ハヴィガーストの著書を昭和20年代にいち早く邦訳紹介したのも彼女である。現在出ているその本は、復刊されたものである。生涯独身であり、養女の安子がいたが、2010年に逝去。
rdfs:label
  • 荘司雅子
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of