Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 茂ヶ崎横穴墓群(もがさきよこあなぼぐん)は、7世紀後半から8世紀前半に作られた横穴墓群で、現在の宮城県仙台市太白区二ツ沢にある。1988年に東北工業大学二ツ沢キャンパスの造成工事中に発見され、25の横穴墓が確認・調査された。現存しない。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1448834 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2757 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 40 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50890375 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:出土品
  • 土師器、須恵器、玉類、金属製品
prop-ja:名称
  • 茂ヶ崎横穴墓群
prop-ja:形状
  • 横穴墓25基(非現存)
prop-ja:所在地
  • 宮城県仙台市太白区二ツ沢
prop-ja:画像
  • 250 (xsd:integer)
  • 遺跡の現状。元は左を川上とする谷で、その斜面に横穴が埋もれていた(2008年)
prop-ja:築造年代
  • 7 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 茂ヶ崎横穴墓群(もがさきよこあなぼぐん)は、7世紀後半から8世紀前半に作られた横穴墓群で、現在の宮城県仙台市太白区二ツ沢にある。1988年に東北工業大学二ツ沢キャンパスの造成工事中に発見され、25の横穴墓が確認・調査された。現存しない。
rdfs:label
  • 茂ヶ崎横穴墓群
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of