Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 英語の冠詞(えいごのかんし、English article(s))では、英語における冠詞について述べる。冠詞とは、限定詞の一種で、名詞に付いてその定性を表す。英語の冠詞には、定冠詞「the」と不定冠詞「a」「an」があり、場合によっては「some」も不定冠詞として使用されることがある。定冠詞は、聞き手・読み手が指示対象(その名詞が指し示す対象)を特定できるという前提で使用される。すなわち、指示対象が明確または常識であるか、同じ文中あるいは先駆ける文の中で触れられており、唯一的に固定可能という状況で使用される。一方、不定冠詞は、聞き手・読み手が指示対象を特定できないという前提で使用され、不特定の要素を会話の中に新たに導入する役割がある。また、名詞句によっては、冠詞が一切使用されないこともある。つまり、英語の冠詞の語法としては、定冠詞、不定冠詞、無冠詞の3種が存在する。英語の限定詞も参照。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2724922 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 63545 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 318 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49113254 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 英語の冠詞(えいごのかんし、English article(s))では、英語における冠詞について述べる。冠詞とは、限定詞の一種で、名詞に付いてその定性を表す。英語の冠詞には、定冠詞「the」と不定冠詞「a」「an」があり、場合によっては「some」も不定冠詞として使用されることがある。定冠詞は、聞き手・読み手が指示対象(その名詞が指し示す対象)を特定できるという前提で使用される。すなわち、指示対象が明確または常識であるか、同じ文中あるいは先駆ける文の中で触れられており、唯一的に固定可能という状況で使用される。一方、不定冠詞は、聞き手・読み手が指示対象を特定できないという前提で使用され、不特定の要素を会話の中に新たに導入する役割がある。また、名詞句によっては、冠詞が一切使用されないこともある。つまり、英語の冠詞の語法としては、定冠詞、不定冠詞、無冠詞の3種が存在する。英語の限定詞も参照。
rdfs:label
  • 英語の冠詞
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of