Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『若草物語』、(わかくさものがたり、英: Little Women)は、1868年にルイーザ・メイ・オルコット(Louisa May Alcott,1832年11月29日 - 1888年3月6日)によって書かれた自伝的小説である。19世紀後半のアメリカを舞台に、ピューリタンであるマーチ家の四人姉妹を描いた物語である。続篇として『続 若草物語』(Little Women Married, or Good Wives)、『第三若草物語』(Little Men)、『第四若草物語』(Jo's Boys)があり、姉妹の成人・結婚やその後の生活が描かれている。原題となっている「リトル・ウィメン」とは著者の父親が実際に娘たちを呼称するのに用いた言葉で、単なる幼い少女ではなく一人の立派な女性であるという意味合いで用いられていた。第1作と続編においては、聖書や『天路歴程』が姉妹たちの導きの書であり、これに関する記述が多々見られる。一家の行うフィランソロピー(慈善活動)もそれらの影響を受けているものと考えられる。第三若草物語での、「ベア学園」のモデルは著者の父親が開いた学校である。個性ある子供たちの活き活きとした生活や自己の欠点との闘い、また特に当時としては珍しいといえる障害児と健常児の統合教育も描かれるが、現代の人間の視点からはやや差別的と取れる箇所もみうけられる。各国で映画・演劇に加え漫画・アニメとして愛されており、特に1933年・1949年のMGM映画は良く知られている。日本では吉田勝江の訳によって広く知られた。1906年(明治39)年に、北田秋圃が『小婦人』(しょうふじん)と訳している。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 184448 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8512 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 106 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58094056 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『若草物語』、(わかくさものがたり、英: Little Women)は、1868年にルイーザ・メイ・オルコット(Louisa May Alcott,1832年11月29日 - 1888年3月6日)によって書かれた自伝的小説である。19世紀後半のアメリカを舞台に、ピューリタンであるマーチ家の四人姉妹を描いた物語である。続篇として『続 若草物語』(Little Women Married, or Good Wives)、『第三若草物語』(Little Men)、『第四若草物語』(Jo's Boys)があり、姉妹の成人・結婚やその後の生活が描かれている。原題となっている「リトル・ウィメン」とは著者の父親が実際に娘たちを呼称するのに用いた言葉で、単なる幼い少女ではなく一人の立派な女性であるという意味合いで用いられていた。第1作と続編においては、聖書や『天路歴程』が姉妹たちの導きの書であり、これに関する記述が多々見られる。一家の行うフィランソロピー(慈善活動)もそれらの影響を受けているものと考えられる。第三若草物語での、「ベア学園」のモデルは著者の父親が開いた学校である。個性ある子供たちの活き活きとした生活や自己の欠点との闘い、また特に当時としては珍しいといえる障害児と健常児の統合教育も描かれるが、現代の人間の視点からはやや差別的と取れる箇所もみうけられる。各国で映画・演劇に加え漫画・アニメとして愛されており、特に1933年・1949年のMGM映画は良く知られている。日本では吉田勝江の訳によって広く知られた。1906年(明治39)年に、北田秋圃が『小婦人』(しょうふじん)と訳している。
rdfs:label
  • 若草物語
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:notableWork of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:原作 of
is foaf:primaryTopic of