Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 花瀬(はなぜ)は、鹿児島県錦江町を流れる雄川(花瀬川とも呼ばれる)の川面を中心とした景勝地である。幅100メートルの平坦で滑らかな岩盤からなる河床が長さ2キロメートルにわたって続いている。岩盤は所々に割れ目があり水量の多い時期には流れる水が白い波を立てることから、この様子を花に見立てて花瀬と名付けられた。11万年前に阿多カルデラから噴出した阿多火砕流が肝属山地にさえぎられて厚く堆積し溶結凝灰岩の岩盤となったものである。周囲は緑の木々に囲まれている。フジ、サクラ、カエデ、ツツジなどの名所でもあり、毎年花の季節には多くの人々が訪れる。周辺は花瀬公園として整備されており、毎年4月には花瀬公園祭が開催される。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1417758 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 973 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 18 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58984932 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
georss:point
  • 31.165791666666667 130.84832777777777
rdf:type
rdfs:comment
  • 花瀬(はなぜ)は、鹿児島県錦江町を流れる雄川(花瀬川とも呼ばれる)の川面を中心とした景勝地である。幅100メートルの平坦で滑らかな岩盤からなる河床が長さ2キロメートルにわたって続いている。岩盤は所々に割れ目があり水量の多い時期には流れる水が白い波を立てることから、この様子を花に見立てて花瀬と名付けられた。11万年前に阿多カルデラから噴出した阿多火砕流が肝属山地にさえぎられて厚く堆積し溶結凝灰岩の岩盤となったものである。周囲は緑の木々に囲まれている。フジ、サクラ、カエデ、ツツジなどの名所でもあり、毎年花の季節には多くの人々が訪れる。周辺は花瀬公園として整備されており、毎年4月には花瀬公園祭が開催される。
rdfs:label
  • 花瀬
owl:sameAs
geo:lat
  • 31.165792 (xsd:float)
geo:long
  • 130.848328 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of