Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『花ざかりの森』(はなざかりのもり)は、三島由紀夫の短編小説。三島が16歳の時に執筆した作品で、公に出版された初めての小説である。話者である「わたし」の祖先をめぐる4つの挿話から成り、一貫したストーリーというものはなく、祖先への強い憧れとアンニュイな雰囲気が漂う追憶と観念的な挿話が断片的に織りなされている詩的な作品である。最後の文章は澄んだ「静謐」を描いていて、三島の遺作『豊饒の海』のラストを思わせるような終り方となっている。エピグラフに、シャルル・クロスの『小唄』の「かの女は森の花ざかりに死んでいつた、かの女は余所にもつと青い森があると知つてゐた」(譯:堀口大學)が使われている。「花ざかりの森」という題名もこの詩からとられたもので、「内部的な超自然な“憧れ”というものの象徴」を意図している。
dbpedia-owl:author
dbpedia-owl:country
dbpedia-owl:illustrator
dbpedia-owl:literaryGenre
dbpedia-owl:mediaType
dbpedia-owl:numberOfPages
  • 247 (xsd:integer)
dbpedia-owl:publisher
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2595390 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10741 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 170 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59126719 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:author
prop-ja:genre
prop-ja:illustrator
  • 装幀:徳川義恭
prop-ja:language
  • 日本語
prop-ja:pages
  • 247 (xsd:integer)
prop-ja:portal
  • 文学
prop-ja:published
  • --10-15
prop-ja:publisher
prop-ja:title
  • 花ざかりの森
prop-ja:type
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『花ざかりの森』(はなざかりのもり)は、三島由紀夫の短編小説。三島が16歳の時に執筆した作品で、公に出版された初めての小説である。話者である「わたし」の祖先をめぐる4つの挿話から成り、一貫したストーリーというものはなく、祖先への強い憧れとアンニュイな雰囲気が漂う追憶と観念的な挿話が断片的に織りなされている詩的な作品である。最後の文章は澄んだ「静謐」を描いていて、三島の遺作『豊饒の海』のラストを思わせるような終り方となっている。エピグラフに、シャルル・クロスの『小唄』の「かの女は森の花ざかりに死んでいつた、かの女は余所にもつと青い森があると知つてゐた」(譯:堀口大學)が使われている。「花ざかりの森」という題名もこの詩からとられたもので、「内部的な超自然な“憧れ”というものの象徴」を意図している。
rdfs:label
  • 花ざかりの森
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 花ざかりの森
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of