Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 芦田内閣(あしだないかく)は、外務大臣・衆議院議員・民主党総裁の芦田均が第47代内閣総理大臣に任命され、1948年(昭和23年)3月10日から同年10月15日まで続いた日本の内閣である。前の片山内閣の総辞職に伴い、引き続き民主党・日本社会党・国民協同党を与党として発足した。1948年(昭和23年)10月7日に総辞職し、次の第2次吉田内閣の組閣まで職務を執行した。マッカーサーからの書簡に従って、いわゆる政令201号を出し、公務員のスト権を奪った。復興金融金庫の融資をめぐる昭和電工事件で総辞職し、総辞職後、芦田均自身も逮捕された(裁判では無罪)。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 297124 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2690 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 88 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56484357 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 芦田内閣(あしだないかく)は、外務大臣・衆議院議員・民主党総裁の芦田均が第47代内閣総理大臣に任命され、1948年(昭和23年)3月10日から同年10月15日まで続いた日本の内閣である。前の片山内閣の総辞職に伴い、引き続き民主党・日本社会党・国民協同党を与党として発足した。1948年(昭和23年)10月7日に総辞職し、次の第2次吉田内閣の組閣まで職務を執行した。マッカーサーからの書簡に従って、いわゆる政令201号を出し、公務員のスト権を奪った。復興金融金庫の融資をめぐる昭和電工事件で総辞職し、総辞職後、芦田均自身も逮捕された(裁判では無罪)。
rdfs:label
  • 芦田内閣
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:occupation of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:内閣 of
is foaf:primaryTopic of