Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 色部氏(いろべし)は日本の氏族で、桓武平氏秩父氏の一族。江戸時代の家格は侍組分領家。平林城(新潟県村上市)に本拠を置き、本庄氏とともに越後秩父氏を形成した。もともとは越後国小泉庄色部条の地頭だったが、南北朝時代に北朝方として南朝方で平林城の平林氏を攻め滅ぼし、そのままそこを居城とした。その後も色部高長が加地氏と共に南朝方の小国氏、池氏、河内氏、風間氏、於木氏、千屋氏、高梨氏らと戦っている。戦国時代には上杉氏を補佐し、色部勝長は上杉謙信から血染めの感状を貰っている。上杉景勝の会津転封、のち米沢転封に従い江戸時代には米沢藩家老を務めたが、戊辰戦争の際、敗戦の責を負わされ断絶。のちに再興を許された。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 766771 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1338 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 77 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59029108 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 色部氏(いろべし)は日本の氏族で、桓武平氏秩父氏の一族。江戸時代の家格は侍組分領家。平林城(新潟県村上市)に本拠を置き、本庄氏とともに越後秩父氏を形成した。もともとは越後国小泉庄色部条の地頭だったが、南北朝時代に北朝方として南朝方で平林城の平林氏を攻め滅ぼし、そのままそこを居城とした。その後も色部高長が加地氏と共に南朝方の小国氏、池氏、河内氏、風間氏、於木氏、千屋氏、高梨氏らと戦っている。戦国時代には上杉氏を補佐し、色部勝長は上杉謙信から血染めの感状を貰っている。上杉景勝の会津転封、のち米沢転封に従い江戸時代には米沢藩家老を務めたが、戊辰戦争の際、敗戦の責を負わされ断絶。のちに再興を許された。
rdfs:label
  • 色部氏
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:氏族 of
is foaf:primaryTopic of