Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 色 (いろ)は、可視光の組成の差によって質の差が認められる視知覚たる色知覚、および、色知覚を起こす刺激たる色刺激を指す。色覚は目を受容器とする感覚たる視覚の機能のひとつであり、色刺激に由来する知覚たる色知覚を司る。色知覚は、質量や体積の如き機械的な物理量ではなく、音の大きさのように心理物理量である。例えば、物理的な対応物が擬似的に存在しないのに色を知覚する例として、ベンハムの独楽がある。同一の色刺激であっても同一の色知覚が成立するとは限らず、前後の知覚や観測者の状態によって、結果は異なる。類語に、色彩(しきさい)があり、日本工業規格 においては色と同義語であるものの、彩り、傾向などを指す語として知られる ことから、日常語のみならず、色を狭義に捉えようとする科学、工業などの文脈に於いてもひろく色の語が用いられている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 6807 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 25595 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 539 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59040390 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2015 (xsd:integer)
prop-ja:title
  • タクシーの色には地域差があるのでは?ノート参照のこと
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 色 (いろ)は、可視光の組成の差によって質の差が認められる視知覚たる色知覚、および、色知覚を起こす刺激たる色刺激を指す。色覚は目を受容器とする感覚たる視覚の機能のひとつであり、色刺激に由来する知覚たる色知覚を司る。色知覚は、質量や体積の如き機械的な物理量ではなく、音の大きさのように心理物理量である。例えば、物理的な対応物が擬似的に存在しないのに色を知覚する例として、ベンハムの独楽がある。同一の色刺激であっても同一の色知覚が成立するとは限らず、前後の知覚や観測者の状態によって、結果は異なる。類語に、色彩(しきさい)があり、日本工業規格 においては色と同義語であるものの、彩り、傾向などを指す語として知られる ことから、日常語のみならず、色を狭義に捉えようとする科学、工業などの文脈に於いてもひろく色の語が用いられている。
rdfs:label
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of