Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 良遍(りょうへん、建久5年(1194年) - 建長4年8月28日(1252年10月3日))は、鎌倉時代前期の法相宗の僧。俗姓は藤原氏。字は蓮阿。三位已講・生駒僧都とも称される。奈良興福寺で法相教学を学び、法印・権大僧都に任じられた。覚盛から戒を受け、戒律の復興に尽力した。生駒竹林寺の住持となり、東大寺知足院を復興している。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 431539 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 974 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 34 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50541083 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:名前
  • 良遍
prop-ja:宗派
prop-ja:寺院
  • 生駒竹林寺
prop-ja:生没年
  • 1194 (xsd:integer)
prop-ja:著作
  • 『法相二巻抄』ほか
  • 『観心覚夢鈔』
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 良遍(りょうへん、建久5年(1194年) - 建長4年8月28日(1252年10月3日))は、鎌倉時代前期の法相宗の僧。俗姓は藤原氏。字は蓮阿。三位已講・生駒僧都とも称される。奈良興福寺で法相教学を学び、法印・権大僧都に任じられた。覚盛から戒を受け、戒律の復興に尽力した。生駒竹林寺の住持となり、東大寺知足院を復興している。
rdfs:label
  • 良遍 (法相宗)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of