Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 航空無線機(こうくうむせんき)とは、航空交通管制にもちいられる無線機。一般にはエアバンドラジオと呼ばれる。日本国内においては、運用には航空無線通信士、航空特殊無線技士、総合無線通信士のいずれかの取得が必要であるが、聴取のみの場合には特に制限はない。ただし聴取内容を漏らしたり窃用することは、電波法上の無線の窃用に当たり罰則を受ける。航空機は高高度を飛行し、電波が遠くまで伝播することから周波数の再利用が難しいため、非常に広い周波数帯が割り当てられている。変調方式はアナログの振幅変調 (AM) であるが、これは既に送信中の他局に被せて送信してもある程度通信できるようにするため、と言う説がある。現在この航空無線の聴取を趣味とするABL:エアバンドリスナーが年々増加しつつある。羽田空港、成田空港の展望ラウンジには、ABLの姿が多く見られる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 769101 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1569 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 35 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59246420 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --11-01
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
  • 航空
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 航空無線機(こうくうむせんき)とは、航空交通管制にもちいられる無線機。一般にはエアバンドラジオと呼ばれる。日本国内においては、運用には航空無線通信士、航空特殊無線技士、総合無線通信士のいずれかの取得が必要であるが、聴取のみの場合には特に制限はない。ただし聴取内容を漏らしたり窃用することは、電波法上の無線の窃用に当たり罰則を受ける。航空機は高高度を飛行し、電波が遠くまで伝播することから周波数の再利用が難しいため、非常に広い周波数帯が割り当てられている。変調方式はアナログの振幅変調 (AM) であるが、これは既に送信中の他局に被せて送信してもある程度通信できるようにするため、と言う説がある。現在この航空無線の聴取を趣味とするABL:エアバンドリスナーが年々増加しつつある。羽田空港、成田空港の展望ラウンジには、ABLの姿が多く見られる。
rdfs:label
  • 航空無線機
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of