Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 舞鶴港(まいづるこう)は日本海に面する舞鶴湾にある港。所在地は京都府舞鶴市、港湾管理者は京都府。港湾法上の重要港湾(準特定重要港湾)、港則法上の特定港に指定されている。2004年より京都舞鶴港の通称が与えられている。古来より北前船の寄港地とも知られ、日本海側でも有数の商業港として栄えていたが、明治時代に日本海側唯一の海軍鎮守府舞鶴鎮守府が開府し、軍港として飛躍的に発展した。日露戦争の際、そのほとんどの船がここから出港したことは有名。戦時中も東港が軍港として整備され、西港は対岸貿易拠点港として整備され、朝鮮や満州への定期航路を有するまでに発展した。戦後はシベリア抑留等からの引き揚げの際も多数の船が舞鶴港に帰港している。現在は大きく2つの港に分れており、東港が海上自衛隊舞鶴地方総監部が鎮座する軍港、また近畿圏と北海道を結ぶ長距離フェリーを中心とする国内貿易港、西港は対中華人民共和国(中国)・大韓民国(韓国)・ロシアなど対岸諸国への定期コンテナ航路をもつ国際貿易港として機能分担のもと発展している。なお第3種漁港である舞鶴漁港についても本項で述べる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 80171 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 12478 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 294 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59226973 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:コンテナ数
  • 8620 (xsd:integer)
prop-ja:データ
prop-ja:ラベル
  • 主要輸入品
  • 主要輸出品
  • クレーン数
  • 主要貿易国
  • 車両数
prop-ja:係留施設数
  • 15 (xsd:integer)
prop-ja:公式サイト
prop-ja:埠頭数
  • 5 (xsd:integer)
prop-ja:年度
  • 2015 (xsd:integer)
prop-ja:所在地
  • 京都府舞鶴市
prop-ja:旅客数
  • 74197 (xsd:integer)
prop-ja:桟橋数
  • 10 (xsd:integer)
prop-ja:港名
  • 舞鶴港
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • 舞鶴東港に所在する海上自衛隊北吸桟橋
prop-ja:種類
prop-ja:管理者
  • 京都府舞鶴港湾事務所、海上自衛隊舞鶴地方総監部
prop-ja:経度分
  • 23 (xsd:integer)
prop-ja:経度度
  • 135 (xsd:integer)
prop-ja:経度秒
  • 11.600000 (xsd:double)
prop-ja:緯度分
  • 30 (xsd:integer)
prop-ja:緯度度
  • 35 (xsd:integer)
prop-ja:緯度秒
  • 15.900000 (xsd:double)
prop-ja:貨物取扱量
  • 11039 (xsd:integer)
prop-ja:開港
  • 1901 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 舞鶴港(まいづるこう)は日本海に面する舞鶴湾にある港。所在地は京都府舞鶴市、港湾管理者は京都府。港湾法上の重要港湾(準特定重要港湾)、港則法上の特定港に指定されている。2004年より京都舞鶴港の通称が与えられている。古来より北前船の寄港地とも知られ、日本海側でも有数の商業港として栄えていたが、明治時代に日本海側唯一の海軍鎮守府舞鶴鎮守府が開府し、軍港として飛躍的に発展した。日露戦争の際、そのほとんどの船がここから出港したことは有名。戦時中も東港が軍港として整備され、西港は対岸貿易拠点港として整備され、朝鮮や満州への定期航路を有するまでに発展した。戦後はシベリア抑留等からの引き揚げの際も多数の船が舞鶴港に帰港している。現在は大きく2つの港に分れており、東港が海上自衛隊舞鶴地方総監部が鎮座する軍港、また近畿圏と北海道を結ぶ長距離フェリーを中心とする国内貿易港、西港は対中華人民共和国(中国)・大韓民国(韓国)・ロシアなど対岸諸国への定期コンテナ航路をもつ国際貿易港として機能分担のもと発展している。なお第3種漁港である舞鶴漁港についても本項で述べる。
rdfs:label
  • 舞鶴港
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:routeStart of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:mapDotLabel of
is prop-ja:母港 of
is foaf:primaryTopic of