Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 舜天王統(しゅんてんおうとう、1187年 - 1259年)は、浦添按司・舜天が建てた王統。琉球二番目の王統とされる。天孫氏を滅ぼした利勇を舜天が討伐し、1187年、舜天が国王に即位したことからはじまる。1229年、舜天王統の最後の王義本が英祖に譲位したとされている(蔡鐸本『中山世譜』)。この王統は伝説性が強く、実在したとしても浦添周辺を支配した大按司に留まるのではないかと考えられている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1025830 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 475 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 18 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50855062 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --03-01
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
  • 沖縄しゆんてんおうとう
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 舜天王統(しゅんてんおうとう、1187年 - 1259年)は、浦添按司・舜天が建てた王統。琉球二番目の王統とされる。天孫氏を滅ぼした利勇を舜天が討伐し、1187年、舜天が国王に即位したことからはじまる。1229年、舜天王統の最後の王義本が英祖に譲位したとされている(蔡鐸本『中山世譜』)。この王統は伝説性が強く、実在したとしても浦添周辺を支配した大按司に留まるのではないかと考えられている。
rdfs:label
  • 舜天王統
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:王朝 of
is foaf:primaryTopic of