Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 臼井六郎(うすいろくろう、1857年頃 - 1917年11月)は、日本史上最後の仇討をした人物として知られる元秋月藩の武士。明治に改元される幕末最後の年に、藩内の政治的対立から暗殺された両親の仇討ちを13年後に果たしたが、明治政府が発布した仇討禁止令により、犯罪者となり、裁判で懲役刑を宣告された。江戸時代であれば武士の誉れと称えられたものが、時代の変化により断罪されるという、明治維新の渦に翻弄された悲劇的事件として世間を大いに賑わせた。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2974748 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5490 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 101 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57892997 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 臼井六郎(うすいろくろう、1857年頃 - 1917年11月)は、日本史上最後の仇討をした人物として知られる元秋月藩の武士。明治に改元される幕末最後の年に、藩内の政治的対立から暗殺された両親の仇討ちを13年後に果たしたが、明治政府が発布した仇討禁止令により、犯罪者となり、裁判で懲役刑を宣告された。江戸時代であれば武士の誉れと称えられたものが、時代の変化により断罪されるという、明治維新の渦に翻弄された悲劇的事件として世間を大いに賑わせた。
rdfs:label
  • 臼井六郎
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of