Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 自衛隊格闘術(じえいたいかくとうじゅつ)とは、自衛官の白兵戦・徒手格闘戦の戦技として編み出された格闘術である。徒手格闘、銃剣格闘、短剣格闘からなる。陸上自衛隊だけでなく、海上自衛隊(自衛隊外の試合に出る際は海闘会(かいとうかい)を名乗っている。)、航空自衛隊でも訓練に取り入れている部隊がある。演武のことを「展示」と呼ぶ。陸上自衛隊では2008年(平成20年)より、新しい内容の自衛隊格闘術(新格闘)が全部隊に導入された(後述)。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 330557 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4277 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 100 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59227800 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主要技術
  • 体捌き・当身・逆技・投げ技・絞め技・固技
prop-ja:使用武器
prop-ja:源流
  • 不明(旧自衛隊格闘術は日本拳法・柔道・相撲・合気道・柔術)
prop-ja:画像名
  • Japan Ground Self-Defense Force Combatives Training.jpg
prop-ja:画像説明
  • 陸上自衛隊の格闘指導官集合訓練の様子(2011年1月)
prop-ja:発生年
  • 20 (xsd:integer)
prop-ja:競技形式
prop-ja:読み
  • じえいたいかくとうじゅつ
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 自衛隊格闘術(じえいたいかくとうじゅつ)とは、自衛官の白兵戦・徒手格闘戦の戦技として編み出された格闘術である。徒手格闘、銃剣格闘、短剣格闘からなる。陸上自衛隊だけでなく、海上自衛隊(自衛隊外の試合に出る際は海闘会(かいとうかい)を名乗っている。)、航空自衛隊でも訓練に取り入れている部隊がある。演武のことを「展示」と呼ぶ。陸上自衛隊では2008年(平成20年)より、新しい内容の自衛隊格闘術(新格闘)が全部隊に導入された(後述)。
rdfs:label
  • 自衛隊格闘術
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:style of
is prop-ja:派生種目 of
is prop-ja:源流 of
is foaf:primaryTopic of