Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 自由貿易帝国主義(じゆうぼうえきていこくしゅぎ、英:The Imperialism of Free Trade)は、19世紀中葉のイギリスがアジアなど非西欧地域に対して取ったとされる対外政策・通商政策であり、1960年代に概念化された。「自由貿易の帝国主義」とも。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2976196 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2253 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 71 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53194170 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 自由貿易帝国主義(じゆうぼうえきていこくしゅぎ、英:The Imperialism of Free Trade)は、19世紀中葉のイギリスがアジアなど非西欧地域に対して取ったとされる対外政策・通商政策であり、1960年代に概念化された。「自由貿易の帝国主義」とも。
rdfs:label
  • 自由貿易帝国主義
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of