Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 自由大気(じゆうたいき、英: free atmosphere、free air)とは、地球大気の上部において、空気の運動に対する地面摩擦の影響が無視できると考えられる高さ(海抜1kmから11km)の大気。自由大気の空気は、力学的に理想流体とみなすことができる。また、自由大気の底は、地衡風高度として取り扱う。自由大気における気温、湿度、気圧等の観測にはラジオゾンデが用いられる。風向には測風気球等が用いられ、十六方位ではなく、方位角で表される。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1705420 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 746 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 21 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47237494 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 自由大気(じゆうたいき、英: free atmosphere、free air)とは、地球大気の上部において、空気の運動に対する地面摩擦の影響が無視できると考えられる高さ(海抜1kmから11km)の大気。自由大気の空気は、力学的に理想流体とみなすことができる。また、自由大気の底は、地衡風高度として取り扱う。自由大気における気温、湿度、気圧等の観測にはラジオゾンデが用いられる。風向には測風気球等が用いられ、十六方位ではなく、方位角で表される。
rdfs:label
  • 自由大気
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of