Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 自由土地党(じゆうとちとう、英: Free Soil Party)は、19世紀半ばのアメリカ合衆国で短命に終わった政党である。1848年と1852年の大統領選挙で活動し、いくつかの州の選挙にも候補者を送った。第三政党制への移行期であり、単一問題に関する主張を行う党としてニューヨーク州で訴えを始め、大きな力を引き出すことができた。党の指導層はホイッグ党と民主党の元奴隷制度反対論者で構成されていた。その主目的は新しい西部領土への奴隷制度拡大に反対することであり、自由土地(奴隷制度のない地域)の自由人は奴隷制度よりも道徳的にまた経済的に優れた仕組みであると論じていた。彼等は新領土における奴隷制度に反対すると共に、オハイオ州のような州で解放されたアフリカ系アメリカ人に対する差別を行うような現存法の撤廃に努めることもあった。自由土地党員の大半は1854年に結党された共和党に吸収された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2532957 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5741 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 61 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47935874 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 自由土地党(じゆうとちとう、英: Free Soil Party)は、19世紀半ばのアメリカ合衆国で短命に終わった政党である。1848年と1852年の大統領選挙で活動し、いくつかの州の選挙にも候補者を送った。第三政党制への移行期であり、単一問題に関する主張を行う党としてニューヨーク州で訴えを始め、大きな力を引き出すことができた。党の指導層はホイッグ党と民主党の元奴隷制度反対論者で構成されていた。その主目的は新しい西部領土への奴隷制度拡大に反対することであり、自由土地(奴隷制度のない地域)の自由人は奴隷制度よりも道徳的にまた経済的に優れた仕組みであると論じていた。彼等は新領土における奴隷制度に反対すると共に、オハイオ州のような州で解放されたアフリカ系アメリカ人に対する差別を行うような現存法の撤廃に努めることもあった。自由土地党員の大半は1854年に結党された共和党に吸収された。
rdfs:label
  • 自由土地党
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:party of
is foaf:primaryTopic of