Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 自由主義(じゆうしゅぎ、英: liberalism、リベラリズム)とは、政治や経済などにおける思想や運動や体制の類型のひとつ。啓蒙思想から生まれた近代思想の一つであり、人間は理性を持ち従来の権威から自由であり自己決定権を持つとの立場から、政治的には「政府からの自由」である自由権や個人主義、「政府への自由」である国民主権などの民主主義、経済的には私的所有権と自由市場による資本主義などの思想や体制の基礎となり、またそれらの総称ともなった。自由主義は政治や経済における多元主義でもある。自由主義の対比語は、政治学的には権威主義や全体主義、経済的には社会主義の計画経済などの集産主義である。必ずしも保守主義との対立概念とはいえない。日本では革新主義が「リベラル」と呼称されることが多いが、米国の市場経済を前提にした福祉国家の概念の影響を受けた表現であり、市場経済の否定を内包する狭義の革新主義と同一ではない。よって、格差を許容せず社会保障制度を容認する民主主義に近い概念をもっているため、アナキズムと共通する点も多いという見方は、自由至上主義のリバタリアニズムとの、場合によっては新自由主義との混同である。自由主義インターナショナルの社会正義を基調とした政策からも分かるように、自由主義は富の再分配を肯定する。自由主義がアナキズムと共通するという誤解は、マイケル・サンデルがリベラリズムとリバタリアニズムをはっきりと分けずに批判したことにも原因があると思われる。。英国の自由民主党が中道左派であることに比べて、日本の現在の自由民主党が新保守主義的であることも誤解を生じさせる結果となっている。「自由主義」や「リベラリズム」という思想や用語は、時代や地域や立場などにより変化している。初期の古典的自由主義(Classical Liberalism)はレッセフェール(自由放任)を重視して政府の権力を最小化する立場が多かったが、20世紀には社会的公正を重視して社会福祉など政府の介入も必要とするソーシャルリベラリズム(social liberalism、社会自由主義)が普及した。アメリカ合衆国では「リベラリズム」という用語は、このソーシャルリベラリズム(社会自由主義)の意味で使われる場合が多く、穏健な革新を目指す立場(中道左派)だとされる。政治的自由のみならず経済的自由を強調する表現はリバタリアニズム (libertarianism) および新自由主義(Neoliberalism)であり、これは新保守主義的考え方ということになり、歴史的な自由主義とは違う概念である。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1889353 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 12863 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 205 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58971179 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 自由主義(じゆうしゅぎ、英: liberalism、リベラリズム)とは、政治や経済などにおける思想や運動や体制の類型のひとつ。啓蒙思想から生まれた近代思想の一つであり、人間は理性を持ち従来の権威から自由であり自己決定権を持つとの立場から、政治的には「政府からの自由」である自由権や個人主義、「政府への自由」である国民主権などの民主主義、経済的には私的所有権と自由市場による資本主義などの思想や体制の基礎となり、またそれらの総称ともなった。自由主義は政治や経済における多元主義でもある。自由主義の対比語は、政治学的には権威主義や全体主義、経済的には社会主義の計画経済などの集産主義である。必ずしも保守主義との対立概念とはいえない。日本では革新主義が「リベラル」と呼称されることが多いが、米国の市場経済を前提にした福祉国家の概念の影響を受けた表現であり、市場経済の否定を内包する狭義の革新主義と同一ではない。よって、格差を許容せず社会保障制度を容認する民主主義に近い概念をもっているため、アナキズムと共通する点も多いという見方は、自由至上主義のリバタリアニズムとの、場合によっては新自由主義との混同である。自由主義インターナショナルの社会正義を基調とした政策からも分かるように、自由主義は富の再分配を肯定する。自由主義がアナキズムと共通するという誤解は、マイケル・サンデルがリベラリズムとリバタリアニズムをはっきりと分けずに批判したことにも原因があると思われる。。英国の自由民主党が中道左派であることに比べて、日本の現在の自由民主党が新保守主義的であることも誤解を生じさせる結果となっている。「自由主義」や「リベラリズム」という思想や用語は、時代や地域や立場などにより変化している。初期の古典的自由主義(Classical Liberalism)はレッセフェール(自由放任)を重視して政府の権力を最小化する立場が多かったが、20世紀には社会的公正を重視して社会福祉など政府の介入も必要とするソーシャルリベラリズム(social liberalism、社会自由主義)が普及した。アメリカ合衆国では「リベラリズム」という用語は、このソーシャルリベラリズム(社会自由主義)の意味で使われる場合が多く、穏健な革新を目指す立場(中道左派)だとされる。政治的自由のみならず経済的自由を強調する表現はリバタリアニズム (libertarianism) および新自由主義(Neoliberalism)であり、これは新保守主義的考え方ということになり、歴史的な自由主義とは違う概念である。
rdfs:label
  • 自由主義
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:ideology of
is dbpedia-owl:influenced of
is dbpedia-owl:mainInterest of
is dbpedia-owl:philosophicalSchool of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:contributions of
is prop-ja:ideology of
is prop-ja:influenced of
is prop-ja:mainInterests of
is prop-ja:political of
is prop-ja:position of
is prop-ja:schoolTradition of
is prop-ja:subject of
is prop-ja:位置 of
is prop-ja:学派 of
is prop-ja:政治的思想・立場 of
is prop-ja:目的 of
is dcterms:subject of
is foaf:primaryTopic of