Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 自打球(じだきゅう)とは、野球において、打者が打ったボールが、まだ打席を出ていない打者の身体に直接当たること、またその打球をいう。自打球はファウルボールである。自打球が当たる場所の多くは、打者が打席に立って構えた時の、投手向きの脚や足である(左打者であれば右足、右打者であれば左足)。特に自打球となる打球には相当の勢いがあるため、骨折などの重大な怪我の原因ともなる。怪我を防ぐために、打者は自打球を受けやすい足にレガースを着けて打席に立つことがある。一方自打球による怪我のリスクを背負ってでもバッティングスタイルを貫くために着けない選手もいる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 402800 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1564 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 43 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58982125 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 自打球(じだきゅう)とは、野球において、打者が打ったボールが、まだ打席を出ていない打者の身体に直接当たること、またその打球をいう。自打球はファウルボールである。自打球が当たる場所の多くは、打者が打席に立って構えた時の、投手向きの脚や足である(左打者であれば右足、右打者であれば左足)。特に自打球となる打球には相当の勢いがあるため、骨折などの重大な怪我の原因ともなる。怪我を防ぐために、打者は自打球を受けやすい足にレガースを着けて打席に立つことがある。一方自打球による怪我のリスクを背負ってでもバッティングスタイルを貫くために着けない選手もいる。
rdfs:label
  • 自打球
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of