Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 自己調整法(じこちょうせいほう、Self Regulate Method: SRM)は、ドイツの精神科医シュルツ (J.H. Schultz) による自律訓練法をもとに、池見酉次郎によって日本人向けに改良された自己催眠法であり、治療技法である。ストレス緩和、心身症、神経症などに効果がある。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2290887 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1987 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 16 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51791291 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 自己調整法(じこちょうせいほう、Self Regulate Method: SRM)は、ドイツの精神科医シュルツ (J.H. Schultz) による自律訓練法をもとに、池見酉次郎によって日本人向けに改良された自己催眠法であり、治療技法である。ストレス緩和、心身症、神経症などに効果がある。
rdfs:label
  • 自己調整法
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of