Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 自己疎外(じこそがい)とは哲学用語のひとつ。ヘーゲルの哲学においては存在が自己の本性を本来の外に出すことで、自己にとって疎遠な存在となることが自己存在とされた。マルクスの哲学では資本主義社会において、人間が本来的でなくなるということが自己疎外とされた。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2794650 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 339 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 8 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 48600219 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 自己疎外(じこそがい)とは哲学用語のひとつ。ヘーゲルの哲学においては存在が自己の本性を本来の外に出すことで、自己にとって疎遠な存在となることが自己存在とされた。マルクスの哲学では資本主義社会において、人間が本来的でなくなるということが自己疎外とされた。
rdfs:label
  • 自己疎外
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of