Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 自動改札機(じどうかいさつき、Turnstile)は、鉄道駅や空港の改札口(搭乗口)に設置されている機械で、改札業務を人間に代わって行うものである。情報セキュリティの機密保持などの理由で、オフィス施設等の入口に設置されるものはセキュリティゲートと呼ばれる。メーカーの仕様書には、「自動改札装置」と記載される場合もあるが、ここでは一般に呼称されている「自動改札機」と表記する。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1474797 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 25773 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 284 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58734423 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2010 (xsd:integer)
  • 2014 (xsd:integer)
  • 2015 (xsd:integer)
  • --06-27
  • --11-10
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:領域
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 自動改札機(じどうかいさつき、Turnstile)は、鉄道駅や空港の改札口(搭乗口)に設置されている機械で、改札業務を人間に代わって行うものである。情報セキュリティの機密保持などの理由で、オフィス施設等の入口に設置されるものはセキュリティゲートと呼ばれる。メーカーの仕様書には、「自動改札装置」と記載される場合もあるが、ここでは一般に呼称されている「自動改札機」と表記する。
rdfs:label
  • 自動改札機
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of