Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 自公民路線(じこうみんろせん)とは、いわゆる55年体制において自由民主党が公明党、民社党の協力により政権運営を行ったことを指す。公明党の支持母体創価学会では「男子部」「壮年部」が自公民路線を推奨していた。とはいえ、公民両党は正式に与党入りしたことばかりか、閣外協力したこともなく、55年体制の下では公民は表向きは最後まで野党であった。55年体制が終わったあとも、公明が正式に自民と連立政権を組むのは、非自民連立政権・自社さ連立政権を経た後の1999年10月になってからである。この時、民社党は既になかった。なお、2013年現在においては、自公民の「民」を、民社党内の一部が合流した民主党に差し替えて呼ぶ場合がある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 373413 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4910 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 129 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59091549 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 自公民路線(じこうみんろせん)とは、いわゆる55年体制において自由民主党が公明党、民社党の協力により政権運営を行ったことを指す。公明党の支持母体創価学会では「男子部」「壮年部」が自公民路線を推奨していた。とはいえ、公民両党は正式に与党入りしたことばかりか、閣外協力したこともなく、55年体制の下では公民は表向きは最後まで野党であった。55年体制が終わったあとも、公明が正式に自民と連立政権を組むのは、非自民連立政権・自社さ連立政権を経た後の1999年10月になってからである。この時、民社党は既になかった。なお、2013年現在においては、自公民の「民」を、民社党内の一部が合流した民主党に差し替えて呼ぶ場合がある。
rdfs:label
  • 自公民路線
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of