Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 腹時計(はらどけい)は、間脳に存在する視床下部背内側核により、食事の周期に合わせ時計遺伝子が働き周期的に食欲が齎される現象。以前より、お腹のすき具合で大体の現在の時刻を予想できることの時計への喩え或いは超能力的なものとして知られていたが、2006年、テキサス大学の柳沢正史らが実際にマウスに存在することを発見、同年7月31日にアメリカ科学アカデミー紀要に掲載した。これは人間にも当てはまると考えられている。メタボリックシンドローム治療法開発へ向け、現在も研究が進められている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 367410 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 940 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 22 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50863937 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 腹時計(はらどけい)は、間脳に存在する視床下部背内側核により、食事の周期に合わせ時計遺伝子が働き周期的に食欲が齎される現象。以前より、お腹のすき具合で大体の現在の時刻を予想できることの時計への喩え或いは超能力的なものとして知られていたが、2006年、テキサス大学の柳沢正史らが実際にマウスに存在することを発見、同年7月31日にアメリカ科学アカデミー紀要に掲載した。これは人間にも当てはまると考えられている。メタボリックシンドローム治療法開発へ向け、現在も研究が進められている。
rdfs:label
  • 腹時計
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of