Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 腸重積症(ちょうじゅうせきしょう、英: intussusception)とは、小腸が大腸の中に入り込んで(逆蠕動)して腸閉塞を発症する病気。主に0~2歳ぐらいの乳幼児に見られる。風邪ウイルスが小腸内リンパ節を肥大させて発症する。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1527721 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1377 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 11 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58522668 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 腸重積症(ちょうじゅうせきしょう、英: intussusception)とは、小腸が大腸の中に入り込んで(逆蠕動)して腸閉塞を発症する病気。主に0~2歳ぐらいの乳幼児に見られる。風邪ウイルスが小腸内リンパ節を肥大させて発症する。
rdfs:label
  • 腸重積症
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of