Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 腫瘍随伴症候群とは、癌によって引き起こされる疾患又は症候であり、圧迫所見を除く概念であり、癌細胞が存在することにより局所的に齎される作用も除外される。これらの現象は腫瘍細胞が分泌する体液性因子(ホルモンやサイトカインによる)や腫瘍に対する免疫応答に拠る。腫瘍随伴症候群は主に中年期又は高齢の患者に見られ、肺癌、乳癌、卵巣癌、リンパ腫で多い。腫瘍随伴症候群は病因となる悪性腫瘍の確定診断に先立って見られることが多い。このパラダイムでは、腫瘍細胞は(神経蛋白質等の)腫瘍拒絶抗原を発現し、部分的に(時には完全に)有効な抗腫瘍免疫反応を惹起して腫瘍増殖を抑制し、症状を軽減する。患者は、腫瘍免疫が破綻して免疫寛容の状態になりその(例えば神経細胞)の蛋白質を発現する正常な組織が攻撃され始めたときに初めて受診しようと考える。腫瘍随伴症候群はPNSと略されることが多いが、PNSは「末梢神経系」の意味で用いられることのほうが多い。
dbpedia-owl:commonName
  • 腫瘍随伴症候群
dbpedia-owl:meshId
  • D010257
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1642464 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9871 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 118 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59161828 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:diseasesdb
  • 2064 (xsd:integer)
prop-ja:emedicinesubj
  • med
prop-ja:emedicinetopic
  • 1747 (xsd:integer)
prop-ja:meshid
  • D010257
prop-ja:name
  • 腫瘍随伴症候群
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 腫瘍随伴症候群とは、癌によって引き起こされる疾患又は症候であり、圧迫所見を除く概念であり、癌細胞が存在することにより局所的に齎される作用も除外される。これらの現象は腫瘍細胞が分泌する体液性因子(ホルモンやサイトカインによる)や腫瘍に対する免疫応答に拠る。腫瘍随伴症候群は主に中年期又は高齢の患者に見られ、肺癌、乳癌、卵巣癌、リンパ腫で多い。腫瘍随伴症候群は病因となる悪性腫瘍の確定診断に先立って見られることが多い。このパラダイムでは、腫瘍細胞は(神経蛋白質等の)腫瘍拒絶抗原を発現し、部分的に(時には完全に)有効な抗腫瘍免疫反応を惹起して腫瘍増殖を抑制し、症状を軽減する。患者は、腫瘍免疫が破綻して免疫寛容の状態になりその(例えば神経細胞)の蛋白質を発現する正常な組織が攻撃され始めたときに初めて受診しようと考える。腫瘍随伴症候群はPNSと略されることが多いが、PNSは「末梢神経系」の意味で用いられることのほうが多い。
rdfs:label
  • 腫瘍随伴症候群
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of