Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 腕挫十字固(うでひしぎじゅうじがため)は、格闘技の技のひとつ。腕への関節技である。名称に関しては、様々な表記が用いられる(後述#名称について参照)。格闘技で最も有名で頻度多く極る関節技。関節技9本のひとつに数えられる。もともとの発祥は古流柔術、柔道で、腕挫十字固の名称も柔道の技の名の流用である。相手の肘関節を逆に伸ばして極める、いわゆるアームロックの一種である。柔道、柔術、サンボ、総合格闘技、プロレスリング、合気道(一部道場)などで使用されるほか、世界各国の軍隊などにおいても徒手格闘術の技として訓練されている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 148260 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3778 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 61 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46673591 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 腕挫十字固(うでひしぎじゅうじがため)は、格闘技の技のひとつ。腕への関節技である。名称に関しては、様々な表記が用いられる(後述#名称について参照)。格闘技で最も有名で頻度多く極る関節技。関節技9本のひとつに数えられる。もともとの発祥は古流柔術、柔道で、腕挫十字固の名称も柔道の技の名の流用である。相手の肘関節を逆に伸ばして極める、いわゆるアームロックの一種である。柔道、柔術、サンボ、総合格闘技、プロレスリング、合気道(一部道場)などで使用されるほか、世界各国の軍隊などにおいても徒手格闘術の技として訓練されている。
rdfs:label
  • 腕挫十字固
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of