Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 脳動脈瘤(のうどうみゃくりゅう、英cerebral aneurysm)とは、動脈壁の脆弱性等に起因する先天的な血管壁が瘤状に変化したもの。大きさは1~2mm程度の比較的小さなものから、30mmを超える大きなものまで様々である。動脈瘤の血管壁は中膜を欠いている為に破綻しやすく、多くの脳動脈瘤はクモ膜下腔に存在するので、クモ膜下出血の最大の原因となる。20%の確率で複数の動脈瘤が発見される。
dbpedia-owl:commonName
  • 脳動脈瘤
dbpedia-owl:icd10
  • I67.1
dbpedia-owl:icd9
  • 437.3
dbpedia-owl:meshId
  • D002532
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 205445 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4007 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 27 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56409538 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • 脳動脈瘤がある頭部のMRI画像
prop-ja:diseasesdb
  • 1358 (xsd:integer)
prop-ja:emedicinesubj
  • neuro
prop-ja:emedicinetopic
  • 503 (xsd:integer)
prop-ja:icd
  • 437.300000 (xsd:double)
  • I67.1
prop-ja:medlineplus
  • 1414 (xsd:integer)
prop-ja:meshid
  • D002532
prop-ja:name
  • 脳動脈瘤
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 脳動脈瘤(のうどうみゃくりゅう、英cerebral aneurysm)とは、動脈壁の脆弱性等に起因する先天的な血管壁が瘤状に変化したもの。大きさは1~2mm程度の比較的小さなものから、30mmを超える大きなものまで様々である。動脈瘤の血管壁は中膜を欠いている為に破綻しやすく、多くの脳動脈瘤はクモ膜下腔に存在するので、クモ膜下出血の最大の原因となる。20%の確率で複数の動脈瘤が発見される。
rdfs:label
  • 脳動脈瘤
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:shortsummary of
is foaf:primaryTopic of