Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 脱離反応(だつりはんのう、英: elimination reaction)は、化合物が原子団を放出してより原子数の少ない分子となる反応形式のことを言う。硫酸によってアルコールが脱水し、オレフィンとなる反応は脱離反応の好例である。反応機構別に E1反応 と E2反応 に分けられる。また反応機構的には全く異なるがカルボン酸の脱水縮合も脱離反応に含める場合があり、硫酸によりフタル酸が無水フタル酸になるのがこの例である。脱離反応あるいは脱水縮合において放出される原子団は脱離基と呼ばれる。脱水縮合については、記事 脱水縮合に詳しい。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 33443 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2150 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 48 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56137387 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 脱離反応(だつりはんのう、英: elimination reaction)は、化合物が原子団を放出してより原子数の少ない分子となる反応形式のことを言う。硫酸によってアルコールが脱水し、オレフィンとなる反応は脱離反応の好例である。反応機構別に E1反応 と E2反応 に分けられる。また反応機構的には全く異なるがカルボン酸の脱水縮合も脱離反応に含める場合があり、硫酸によりフタル酸が無水フタル酸になるのがこの例である。脱離反応あるいは脱水縮合において放出される原子団は脱離基と呼ばれる。脱水縮合については、記事 脱水縮合に詳しい。
rdfs:label
  • 脱離反応
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of