Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 脂肪細胞(しぼうさいぼう、英: adipocyte)は、細胞質内に脂肪滴を有する細胞のことである。単胞性脂肪細胞(白色脂肪細胞)と多胞性脂肪細胞(褐色脂肪細胞)とに分類される。単胞性脂肪細胞は大型の脂肪滴が存在し、核や細胞小器官は辺縁に圧迫されている。貯蔵型の細胞。多胞性脂肪細胞は小型あるいは中型の脂肪滴が多数存在し、細胞小器官が発達している。代謝型の細胞。冬眠する動物では多胞性脂肪細胞を主体とする脂肪組織を冬眠腺と呼ぶ場合がある。近年、脂肪組織に多くの脂肪幹細胞が見出され、脂肪幹細胞移植など再生医療のセルソース(細胞源)として、その価値に注目が集まってきた。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1195032 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3599 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 60 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50602617 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 脂肪細胞(しぼうさいぼう、英: adipocyte)は、細胞質内に脂肪滴を有する細胞のことである。単胞性脂肪細胞(白色脂肪細胞)と多胞性脂肪細胞(褐色脂肪細胞)とに分類される。単胞性脂肪細胞は大型の脂肪滴が存在し、核や細胞小器官は辺縁に圧迫されている。貯蔵型の細胞。多胞性脂肪細胞は小型あるいは中型の脂肪滴が多数存在し、細胞小器官が発達している。代謝型の細胞。冬眠する動物では多胞性脂肪細胞を主体とする脂肪組織を冬眠腺と呼ぶ場合がある。近年、脂肪組織に多くの脂肪幹細胞が見出され、脂肪幹細胞移植など再生医療のセルソース(細胞源)として、その価値に注目が集まってきた。
rdfs:label
  • 脂肪細胞
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of