Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 能動光学(のうどうこうがく、英: active optics)とは、望遠鏡が持つ鏡の表面の形をコンピュータで制御することをいう。望遠鏡において、能動光学を取り入れることによって、薄くて軽い鏡を使うことが可能になった。鏡は“たわむ”鏡でもいいし、分割鏡という小さな鏡の組み合わせでもよい。鏡の重さが減ると、望遠鏡の架台の部分も軽くすることができる。これは結果的に、より安くて強い構造をもつ望遠鏡を生み出すことにつながった。また、薄い鏡は夕暮れになるとすばやく冷えるため、よりよい画像を生み出せるようにもなった。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2114088 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 816 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 9 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56813069 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 能動光学(のうどうこうがく、英: active optics)とは、望遠鏡が持つ鏡の表面の形をコンピュータで制御することをいう。望遠鏡において、能動光学を取り入れることによって、薄くて軽い鏡を使うことが可能になった。鏡は“たわむ”鏡でもいいし、分割鏡という小さな鏡の組み合わせでもよい。鏡の重さが減ると、望遠鏡の架台の部分も軽くすることができる。これは結果的に、より安くて強い構造をもつ望遠鏡を生み出すことにつながった。また、薄い鏡は夕暮れになるとすばやく冷えるため、よりよい画像を生み出せるようにもなった。
rdfs:label
  • 能動光学
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of