Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 胸懸(むながい)とは、馬具の一つで、激しい運動によって鞍が後方にずれることを防ぐため、鞍から馬の胸部を巡らせて固定する革ひものことである。形状としては鞍の前部両端をつなぐだけの形のものと、Y字形で中央を馬の両前肢の間に通し、その先端についた輪に腹帯を通す形のものがある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 591418 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 223 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 5 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47075431 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 胸懸(むながい)とは、馬具の一つで、激しい運動によって鞍が後方にずれることを防ぐため、鞍から馬の胸部を巡らせて固定する革ひものことである。形状としては鞍の前部両端をつなぐだけの形のものと、Y字形で中央を馬の両前肢の間に通し、その先端についた輪に腹帯を通す形のものがある。
rdfs:label
  • 胸懸
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of