Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 胆沢ダム(いさわダム)は岩手県奥州市、一級河川・北上川水系胆沢川に現在建設が進められているダムである。国土交通省東北地方整備局が施工の主体となっている特定多目的ダムである。1953年(昭和28年)に完成した石淵ダムの約2.0km下流に建設が進められているロックフィルダムで、堤高132.0mは東北地方に建設された多目的ダムの中では最も高く、堤体積は全国第2位・堤体長は国内最長723mの全国屈指の巨大ダム。2013年(平成25年)11月16日に竣工した。完成に伴って「日本で最初に着手されたロックフィルダム」石淵ダムは完全に水没することになった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 411904 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7128 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 97 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57272466 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ダム形式
prop-ja:ダム湖
  • 奥州湖(おうしゅうこ)
prop-ja:事業主体
prop-ja:備考
prop-ja:利用目的
prop-ja:堤体積
  • 13500000 (xsd:integer)
prop-ja:堤頂長
  • 723 (xsd:integer)
prop-ja:堤高
  • 132 (xsd:integer)
prop-ja:寄せ
prop-ja:
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:所在地
  • 左岸:岩手県奥州市胆沢区若柳字下尿前
  • 右岸:岩手県奥州市胆沢区若柳
prop-ja:施工業者
  • 鹿島・清水・大本共同企業体(堤体盛立)/ 西松・佐藤・東急共同企業体(洪水吐き打設)/ 大成・熊谷・間共同企業体(材料採取工事)/佐藤工業(管理棟)ほか
prop-ja:有効貯水容量
  • 132000000 (xsd:integer)
prop-ja:河川
prop-ja:流域面積
  • 185 (xsd:integer)
prop-ja:湛水面積
  • 440 (xsd:integer)
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
  • Isawadam-0A3N80pbxFs6g.JPG
  • RIMG0455.JPG
prop-ja:発電所名(認可出力)_
  • 未定
prop-ja:着工年
  • 1983 (xsd:integer)
prop-ja:竣工年
  • --11-16
prop-ja:経分
  • 55 (xsd:integer)
prop-ja:経度
  • 140 (xsd:integer)
prop-ja:経秒
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:総貯水容量
  • 143000000 (xsd:integer)
prop-ja:緯分
  • 7 (xsd:integer)
prop-ja:緯度
  • 39 (xsd:integer)
prop-ja:緯秒
  • 5 (xsd:integer)
prop-ja:説明
  • 土砂積み上げの様子
  • 基礎岩盤掘削中の胆沢ダム
prop-ja:電気事業者
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 胆沢ダム(いさわダム)は岩手県奥州市、一級河川・北上川水系胆沢川に現在建設が進められているダムである。国土交通省東北地方整備局が施工の主体となっている特定多目的ダムである。1953年(昭和28年)に完成した石淵ダムの約2.0km下流に建設が進められているロックフィルダムで、堤高132.0mは東北地方に建設された多目的ダムの中では最も高く、堤体積は全国第2位・堤体長は国内最長723mの全国屈指の巨大ダム。2013年(平成25年)11月16日に竣工した。完成に伴って「日本で最初に着手されたロックフィルダム」石淵ダムは完全に水没することになった。
rdfs:label
  • 胆沢ダム
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of