Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 胆汁(たんじゅう)は、肝臓で生成される黄褐色でアルカリ性の液体である。肝細胞で絶えず生成され、総肝管を通って胆のうに一時貯蔵・濃縮される。食事時に胆のうが収縮され、総胆管の十二指腸開口部であるオッディ括約筋が弛緩し十二指腸に排出されて働く。胆汁は3つに分類される。 A胆汁(胆管胆汁) - ファーター乳頭から分泌する B胆汁(胆のう胆汁) - 胆嚢で濃縮 C胆汁(肝胆汁) - 肝細胞で産生
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 376734 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2228 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 44 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56324093 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 胆汁(たんじゅう)は、肝臓で生成される黄褐色でアルカリ性の液体である。肝細胞で絶えず生成され、総肝管を通って胆のうに一時貯蔵・濃縮される。食事時に胆のうが収縮され、総胆管の十二指腸開口部であるオッディ括約筋が弛緩し十二指腸に排出されて働く。胆汁は3つに分類される。 A胆汁(胆管胆汁) - ファーター乳頭から分泌する B胆汁(胆のう胆汁) - 胆嚢で濃縮 C胆汁(肝胆汁) - 肝細胞で産生
rdfs:label
  • 胆汁
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:excretion of
is foaf:primaryTopic of