肺炎(はいえん、英: Pneumonia)とは、肺の炎症性疾患の総称である。 治療法はその原因によって異なり、細菌性のものであれば抗生物質が用いられる。重症の場合は一般的に入院となる。酸素レベルが低い場合は酸素吸入を行う。 肺炎の予防法に関しては、ある種の肺炎に限ればワクチンによって予防可能ではある。他の予防法としては、手洗い、禁煙などがある。 肺炎は世界で年間4.5億人(人口の7%)が発症しており、うち400万人が死亡している。日本の死亡統計においても、肺炎は死亡原因としては2018年で第5位である。肺炎は19世紀にはウイリアム・オスラーに「男性死因の代表格」として描かれていたが、20世紀には抗生物質とワクチンの普及によりが改善されはした。しかしながら途上国では、現在も主要な死因の一つとされ、高齢者と若年者において代表的な慢性疾患である。上で述べたように現代日本の全世代の死亡統計でも死因の第4位であり(あなどれず)、しかも85~89歳では死因第3位、90~99歳では第2位、と年齢が上がるにつれ次第に順位が上がる(高齢化社会になればなるほど肺炎で死ぬ人の割合が増え、医療側もそれを重視し、念入りに予防策を講じなければならないことになる)。 しばしば肺炎は、死に近づいている者の象徴として描かれており「老人の友」と呼ばれている。

Property Value
dbo:abstract
  • 肺炎(はいえん、英: Pneumonia)とは、肺の炎症性疾患の総称である。 治療法はその原因によって異なり、細菌性のものであれば抗生物質が用いられる。重症の場合は一般的に入院となる。酸素レベルが低い場合は酸素吸入を行う。 肺炎の予防法に関しては、ある種の肺炎に限ればワクチンによって予防可能ではある。他の予防法としては、手洗い、禁煙などがある。 肺炎は世界で年間4.5億人(人口の7%)が発症しており、うち400万人が死亡している。日本の死亡統計においても、肺炎は死亡原因としては2018年で第5位である。肺炎は19世紀にはウイリアム・オスラーに「男性死因の代表格」として描かれていたが、20世紀には抗生物質とワクチンの普及によりが改善されはした。しかしながら途上国では、現在も主要な死因の一つとされ、高齢者と若年者において代表的な慢性疾患である。上で述べたように現代日本の全世代の死亡統計でも死因の第4位であり(あなどれず)、しかも85~89歳では死因第3位、90~99歳では第2位、と年齢が上がるにつれ次第に順位が上がる(高齢化社会になればなるほど肺炎で死ぬ人の割合が増え、医療側もそれを重視し、念入りに予防策を講じなければならないことになる)。 しばしば肺炎は、死に近づいている者の象徴として描かれており「老人の友」と呼ばれている。 (ja)
  • 肺炎(はいえん、英: Pneumonia)とは、肺の炎症性疾患の総称である。 治療法はその原因によって異なり、細菌性のものであれば抗生物質が用いられる。重症の場合は一般的に入院となる。酸素レベルが低い場合は酸素吸入を行う。 肺炎の予防法に関しては、ある種の肺炎に限ればワクチンによって予防可能ではある。他の予防法としては、手洗い、禁煙などがある。 肺炎は世界で年間4.5億人(人口の7%)が発症しており、うち400万人が死亡している。日本の死亡統計においても、肺炎は死亡原因としては2018年で第5位である。肺炎は19世紀にはウイリアム・オスラーに「男性死因の代表格」として描かれていたが、20世紀には抗生物質とワクチンの普及によりが改善されはした。しかしながら途上国では、現在も主要な死因の一つとされ、高齢者と若年者において代表的な慢性疾患である。上で述べたように現代日本の全世代の死亡統計でも死因の第4位であり(あなどれず)、しかも85~89歳では死因第3位、90~99歳では第2位、と年齢が上がるにつれ次第に順位が上がる(高齢化社会になればなるほど肺炎で死ぬ人の割合が増え、医療側もそれを重視し、念入りに予防策を講じなければならないことになる)。 しばしば肺炎は、死に近づいている者の象徴として描かれており「老人の友」と呼ばれている。 (ja)
dbo:commonName
  • 肺炎 (ja)
  • (ja)
  • Pneumonia (ja)
  • 肺炎 (ja)
  • (ja)
  • Pneumonia (ja)
dbo:icd10
  • ,
  • J12.
  • J13.
  • J14.
  • J15.
  • J16.
  • J17.
  • J18.
  • P23.
dbo:icd9
  • ,
  • -
  • 486
  • 480
  • 770.0
dbo:meshId
  • D011014
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 14114 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 20262 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81533995 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • 肺のX線写真。細菌性肺炎の特徴が見られる。 (ja)
  • 肺のX線写真。細菌性肺炎の特徴が見られる。 (ja)
prop-ja:date
  • --10-20
prop-ja:diseasesdb
  • 10166 (xsd:integer)
prop-ja:emedicinesubj
  • search (ja)
  • search (ja)
prop-ja:emedicinetopic
  • pneumonia (ja)
  • pneumonia (ja)
prop-ja:field
  • 感染症学、呼吸器学 (ja)
  • 感染症学、呼吸器学 (ja)
prop-ja:icd
  • 480 (xsd:integer)
  • 486 (xsd:integer)
  • 770 (xsd:integer)
  • (ja)
  • , (ja)
  • - (ja)
  • J13. (ja)
  • J16. (ja)
  • J12. (ja)
  • J14. (ja)
  • J15. (ja)
  • J17. (ja)
  • J18. (ja)
  • P23. (ja)
prop-ja:medlineplus
  • 145 (xsd:integer)
prop-ja:meshid
  • D011014 (ja)
  • D011014 (ja)
prop-ja:name
  • 肺炎 (ja)
  • Pneumonia (ja)
  • 肺炎 (ja)
  • Pneumonia (ja)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:synonyms
  • pneumonitis, bronchopneumonia (ja)
  • pneumonitis, bronchopneumonia (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 肺炎(はいえん、英: Pneumonia)とは、肺の炎症性疾患の総称である。 治療法はその原因によって異なり、細菌性のものであれば抗生物質が用いられる。重症の場合は一般的に入院となる。酸素レベルが低い場合は酸素吸入を行う。 肺炎の予防法に関しては、ある種の肺炎に限ればワクチンによって予防可能ではある。他の予防法としては、手洗い、禁煙などがある。 肺炎は世界で年間4.5億人(人口の7%)が発症しており、うち400万人が死亡している。日本の死亡統計においても、肺炎は死亡原因としては2018年で第5位である。肺炎は19世紀にはウイリアム・オスラーに「男性死因の代表格」として描かれていたが、20世紀には抗生物質とワクチンの普及によりが改善されはした。しかしながら途上国では、現在も主要な死因の一つとされ、高齢者と若年者において代表的な慢性疾患である。上で述べたように現代日本の全世代の死亡統計でも死因の第4位であり(あなどれず)、しかも85~89歳では死因第3位、90~99歳では第2位、と年齢が上がるにつれ次第に順位が上がる(高齢化社会になればなるほど肺炎で死ぬ人の割合が増え、医療側もそれを重視し、念入りに予防策を講じなければならないことになる)。 しばしば肺炎は、死に近づいている者の象徴として描かれており「老人の友」と呼ばれている。 (ja)
  • 肺炎(はいえん、英: Pneumonia)とは、肺の炎症性疾患の総称である。 治療法はその原因によって異なり、細菌性のものであれば抗生物質が用いられる。重症の場合は一般的に入院となる。酸素レベルが低い場合は酸素吸入を行う。 肺炎の予防法に関しては、ある種の肺炎に限ればワクチンによって予防可能ではある。他の予防法としては、手洗い、禁煙などがある。 肺炎は世界で年間4.5億人(人口の7%)が発症しており、うち400万人が死亡している。日本の死亡統計においても、肺炎は死亡原因としては2018年で第5位である。肺炎は19世紀にはウイリアム・オスラーに「男性死因の代表格」として描かれていたが、20世紀には抗生物質とワクチンの普及によりが改善されはした。しかしながら途上国では、現在も主要な死因の一つとされ、高齢者と若年者において代表的な慢性疾患である。上で述べたように現代日本の全世代の死亡統計でも死因の第4位であり(あなどれず)、しかも85~89歳では死因第3位、90~99歳では第2位、と年齢が上がるにつれ次第に順位が上がる(高齢化社会になればなるほど肺炎で死ぬ人の割合が増え、医療側もそれを重視し、念入りに予防策を講じなければならないことになる)。 しばしば肺炎は、死に近づいている者の象徴として描かれており「老人の友」と呼ばれている。 (ja)
rdfs:label
  • 肺炎 (ja)
  • (ja)
  • Pneumonia (ja)
  • 肺炎 (ja)
  • (ja)
  • Pneumonia (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:deathCause of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:deathCause of
is prop-ja:死因 of
is foaf:primaryTopic of