Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『肩をすくめるアトラス』(かたをすくめるアトラス、原題: Atlas Shrugged)は、1957年のアイン・ランドの4作目の小説である。ランドの最長にして最後の小説であり、ランドのフィクション作品の最高傑作と見なされている。サイエンス・フィクション、ミステリ、および恋愛小説の要素を含んでおり、自身の思想「客観主義」について、ランドのフィクション作品の中では最も詳しく述べている。この小説では、成功した産業家を攻撃する様々な規制の制定を受け、多くの傑出した産業家たちが財産や国を捨てた結果、社会に不可欠な諸産業が崩壊していくディストピア的なアメリカ合衆国が描かれている。タイトルの「アトラス」とは、ギリシア神話に登場する天空を肩に乗せて支える巨人アトラースであり、傑出した能力で世界を支える諸個人を含意している。このタイトルの意味は、登場人物フランシスコ・ダンコニアとハンク・リアーデンの会話で明らかになる。ダンコニアはリアーデンに、「もし努力すればするほど世界が肩に重くのしかかってくるアトラスに出会ったら、どうしろと言うか?」と尋ねる。リアーデンが答えれずにいると、ダンコニアは「自分なら肩をすくめろと言う」と伝える。『肩をすくめるアトラス』のテーマは、ランドによれば、「人間の存在に果たす頭脳の役割」である。本作品では、ランドが「客観主義」を確立する元になった多くの思想的テーマが考究されている。こうした考究の中で、理性、個人主義、および資本主義が擁護され、政府による強制の問題点が浮き彫りにされる。1957年の出版当時、本作品には多くの否定的なレビューが書かれたが、本作品の人気と売れ行きはその後何十年にもわたり衰えていない。
dbpedia-owl:author
dbpedia-owl:publisher
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3193040 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 50671 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 112 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58189085 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:align
  • right
prop-ja:author
prop-ja:country
  • アメリカ合衆国
prop-ja:genre
  • 思想小説、サイエンス・フィクション、ミステリ、恋愛小説
prop-ja:language
  • 英語
prop-ja:origTitle
  • Atlas Shrugged
prop-ja:published
  • 1957 (xsd:integer)
prop-ja:publisher
prop-ja:quote
  • 「多くのフォーチュン500企業のCEOと話してわかった。彼らはアイン・ランドのすべての考えに同意してはいないにせよ、ビジネス上の決定を下すうえで『肩をすくめるアトラス』から大きな影響を受けている」
  • 「本作品は保守からもリベラルからも容赦なく非難された。右派は本作品に神の否定を見出し、左派は強欲の礼賛を見出した。ランドは毎日レビューが出るたびに泣いたと言われている」
  • 「金(かね)が邪悪だと言う人間からは一目散に逃げなさい。その文句はたかり屋の接近を告げる警鐘なのです。」
prop-ja:source
  • フランシスコ・ダンコニア、『肩をすくめるアトラス』
  • ハリエット・ルビン、「ニューヨーク・タイムズ」
  • BB&T前CEO、ジョン・A・アリソン(John A. Allison)
prop-ja:title
  • 肩をすくめるアトラス
prop-ja:width
  • 30.0
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『肩をすくめるアトラス』(かたをすくめるアトラス、原題: Atlas Shrugged)は、1957年のアイン・ランドの4作目の小説である。ランドの最長にして最後の小説であり、ランドのフィクション作品の最高傑作と見なされている。サイエンス・フィクション、ミステリ、および恋愛小説の要素を含んでおり、自身の思想「客観主義」について、ランドのフィクション作品の中では最も詳しく述べている。この小説では、成功した産業家を攻撃する様々な規制の制定を受け、多くの傑出した産業家たちが財産や国を捨てた結果、社会に不可欠な諸産業が崩壊していくディストピア的なアメリカ合衆国が描かれている。タイトルの「アトラス」とは、ギリシア神話に登場する天空を肩に乗せて支える巨人アトラースであり、傑出した能力で世界を支える諸個人を含意している。このタイトルの意味は、登場人物フランシスコ・ダンコニアとハンク・リアーデンの会話で明らかになる。ダンコニアはリアーデンに、「もし努力すればするほど世界が肩に重くのしかかってくるアトラスに出会ったら、どうしろと言うか?」と尋ねる。リアーデンが答えれずにいると、ダンコニアは「自分なら肩をすくめろと言う」と伝える。『肩をすくめるアトラス』のテーマは、ランドによれば、「人間の存在に果たす頭脳の役割」である。本作品では、ランドが「客観主義」を確立する元になった多くの思想的テーマが考究されている。こうした考究の中で、理性、個人主義、および資本主義が擁護され、政府による強制の問題点が浮き彫りにされる。1957年の出版当時、本作品には多くの否定的なレビューが書かれたが、本作品の人気と売れ行きはその後何十年にもわたり衰えていない。
rdfs:label
  • 肩をすくめるアトラス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Atlas Shrugged
  • 肩をすくめるアトラス
is dbpedia-owl:award of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of