Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 肝芽腫(かんがしゅ、英: Hepatoblastoma)は乳児・小児に発生する稀な悪性肝新生物であり、組織型は胎児肝細胞、成熟肝細胞、胆管細胞に類似している。通常、腹部腫瘤として触知される。3歳以下の幼児でα-フェトプロテイン(AFP)上昇に拠り診断されることが多い。診断時にAFPが上昇していない場合は予後不良である。
dbpedia-owl:icd10
  • C22.0
dbpedia-owl:meshId
  • D018197
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3147639 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7223 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 21 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54597980 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • 肝芽腫の顕微鏡写真(H&E染色)
prop-ja:diseasesdb
  • 5799 (xsd:integer)
prop-ja:emedicinesubj
  • ped
prop-ja:emedicinetopic
  • 982 (xsd:integer)
prop-ja:icd
  • 22.0
prop-ja:meshid
  • D018197
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 肝芽腫(かんがしゅ、英: Hepatoblastoma)は乳児・小児に発生する稀な悪性肝新生物であり、組織型は胎児肝細胞、成熟肝細胞、胆管細胞に類似している。通常、腹部腫瘤として触知される。3歳以下の幼児でα-フェトプロテイン(AFP)上昇に拠り診断されることが多い。診断時にAFPが上昇していない場合は予後不良である。
rdfs:label
  • 肝芽腫
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of