肝吸虫(かんきゅうちゅう、学名:Clonorchis sinensis) は、ヒトを含む幅広い哺乳類を終宿主とし、肝臓内の胆管に寄生する吸虫の1種。古くは肝臓ジストマと呼ばれてきた。日本列島、朝鮮半島、中国、台湾と東アジア一帯に広く分布し、東南アジアではベトナムに分布するが、タイには似た生態で別属の Opisthorchis viverrini が分布して地域によってヒトに濃厚に感染しており、これと同属の Opisthorchis felineus が、シベリアからヨーロッパにかけて分布し、ヒトにも感染する。

Property Value
dbo:abstract
  • 肝吸虫(かんきゅうちゅう、学名:Clonorchis sinensis) は、ヒトを含む幅広い哺乳類を終宿主とし、肝臓内の胆管に寄生する吸虫の1種。古くは肝臓ジストマと呼ばれてきた。日本列島、朝鮮半島、中国、台湾と東アジア一帯に広く分布し、東南アジアではベトナムに分布するが、タイには似た生態で別属の Opisthorchis viverrini が分布して地域によってヒトに濃厚に感染しており、これと同属の Opisthorchis felineus が、シベリアからヨーロッパにかけて分布し、ヒトにも感染する。 (ja)
  • 肝吸虫(かんきゅうちゅう、学名:Clonorchis sinensis) は、ヒトを含む幅広い哺乳類を終宿主とし、肝臓内の胆管に寄生する吸虫の1種。古くは肝臓ジストマと呼ばれてきた。日本列島、朝鮮半島、中国、台湾と東アジア一帯に広く分布し、東南アジアではベトナムに分布するが、タイには似た生態で別属の Opisthorchis viverrini が分布して地域によってヒトに濃厚に感染しており、これと同属の Opisthorchis felineus が、シベリアからヨーロッパにかけて分布し、ヒトにも感染する。 (ja)
dbo:binomial
dbo:class
dbo:colour
dbo:colourName
  • 動物界 (ja)
  • 動物界 (ja)
dbo:division
dbo:family
dbo:kingdom
dbo:order
dbo:phylum
dbo:wikiPageID
  • 831009 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 4641 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 73874674 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:上科
  • 後睾吸虫上科 (ja)
  • 後睾吸虫上科 (ja)
prop-ja:亜目
  • 後睾吸虫亜目 (ja)
  • 後睾吸虫亜目 (ja)
prop-ja:亜科
  • 後睾吸虫亜科 (ja)
  • 後睾吸虫亜科 (ja)
prop-ja:亜綱
  • 二生亜綱 (ja)
  • 二生亜綱 (ja)
prop-ja:名称
  • 肝吸虫 Clonorchis sinensis (ja)
  • 肝吸虫 Clonorchis sinensis (ja)
prop-ja:和名
  • 肝吸虫 (ja)
  • 肝吸虫 (ja)
prop-ja:学名
  • Clonorchis sinensis (ja)
  • Looss, 1907 (ja)
  • Clonorchis sinensis (ja)
  • Looss, 1907 (ja)
prop-ja:画像
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:
  • 動物界 (ja)
  • 動物界 (ja)
prop-ja:
  • 後睾吸虫目 (ja)
  • 後睾吸虫目 (ja)
prop-ja:
  • 後睾吸虫科 (ja)
  • 後睾吸虫科 (ja)
prop-ja:
  • 肝吸虫 C. sinensis (ja)
  • 肝吸虫 C. sinensis (ja)
prop-ja:
  • 吸虫綱 (ja)
  • 吸虫綱 (ja)
prop-ja:
  • 動物界 (ja)
  • 動物界 (ja)
prop-ja:英名
prop-ja:
  • 扁形動物門 (ja)
  • 扁形動物門 (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 肝吸虫(かんきゅうちゅう、学名:Clonorchis sinensis) は、ヒトを含む幅広い哺乳類を終宿主とし、肝臓内の胆管に寄生する吸虫の1種。古くは肝臓ジストマと呼ばれてきた。日本列島、朝鮮半島、中国、台湾と東アジア一帯に広く分布し、東南アジアではベトナムに分布するが、タイには似た生態で別属の Opisthorchis viverrini が分布して地域によってヒトに濃厚に感染しており、これと同属の Opisthorchis felineus が、シベリアからヨーロッパにかけて分布し、ヒトにも感染する。 (ja)
  • 肝吸虫(かんきゅうちゅう、学名:Clonorchis sinensis) は、ヒトを含む幅広い哺乳類を終宿主とし、肝臓内の胆管に寄生する吸虫の1種。古くは肝臓ジストマと呼ばれてきた。日本列島、朝鮮半島、中国、台湾と東アジア一帯に広く分布し、東南アジアではベトナムに分布するが、タイには似た生態で別属の Opisthorchis viverrini が分布して地域によってヒトに濃厚に感染しており、これと同属の Opisthorchis felineus が、シベリアからヨーロッパにかけて分布し、ヒトにも感染する。 (ja)
rdfs:label
  • 肝吸虫 (ja)
  • 肝吸虫 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 肝吸虫 (ja)
  • 肝吸虫 Clonorchis sinensis (ja)
  • chinese liver fluke (ja)
  • 肝吸虫 (ja)
  • 肝吸虫 Clonorchis sinensis (ja)
  • chinese liver fluke (ja)
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of