Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 肝付兼幸(きもつき かねゆき、文禄元年(1592年) - 慶長15年12月11日(1611年1月24日))は安土桃山時代から江戸時代初期の武士、鹿児島藩藩士、肝付氏本家20代当主。実質上肝付本家の最後の当主となった人物である。肝付兼護と後妻・税所氏の間の長男として生まれるが、この頃の肝付氏は転封で旧領の高山を追われていたことに加え、家臣団の内紛や父・兼護が先妻(肝付良兼の娘)との離婚で揉めた事を咎められて領地を削られ、所領は100石しか持っていなかった。更に慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いで父・兼護は戦死してしまう。このためわずか9歳で家督を相続。慶長15年、島津家久が尚寧を連れ上洛、兼幸も家臣として同行する。ところが帰国途中に乗船が暴風雨に遭い難破、兼幸は船と運命を共にし溺死した。享年20。兼幸は結婚しておらず、そのため子供もいなかった。また兄弟も他にいなかったため、肝付本家の血統は兼幸の死によって完全に断絶してしまった。後、兼幸の母・税所氏が島津家久の娘に仕えた功績により肝付家の再興を許されることになったが、後継者は肝付氏とは無縁の新納忠秀の子が迎えられたため、実質的に兼幸で肝付本家は終焉を迎えたといえよう。その後肝付本家は100石取りの藩士として存続した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 765726 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 924 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 26 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58188315 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 肝付兼幸(きもつき かねゆき、文禄元年(1592年) - 慶長15年12月11日(1611年1月24日))は安土桃山時代から江戸時代初期の武士、鹿児島藩藩士、肝付氏本家20代当主。実質上肝付本家の最後の当主となった人物である。肝付兼護と後妻・税所氏の間の長男として生まれるが、この頃の肝付氏は転封で旧領の高山を追われていたことに加え、家臣団の内紛や父・兼護が先妻(肝付良兼の娘)との離婚で揉めた事を咎められて領地を削られ、所領は100石しか持っていなかった。更に慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いで父・兼護は戦死してしまう。このためわずか9歳で家督を相続。慶長15年、島津家久が尚寧を連れ上洛、兼幸も家臣として同行する。ところが帰国途中に乗船が暴風雨に遭い難破、兼幸は船と運命を共にし溺死した。享年20。兼幸は結婚しておらず、そのため子供もいなかった。また兄弟も他にいなかったため、肝付本家の血統は兼幸の死によって完全に断絶してしまった。後、兼幸の母・税所氏が島津家久の娘に仕えた功績により肝付家の再興を許されることになったが、後継者は肝付氏とは無縁の新納忠秀の子が迎えられたため、実質的に兼幸で肝付本家は終焉を迎えたといえよう。その後肝付本家は100石取りの藩士として存続した。
rdfs:label
  • 肝付兼幸
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of