Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 職務記述書(しょくむきじゅつしょ)は、英語では「job description(ジョブ・ディスクリプション)の直訳として、日本では紹介されている。しかし、その文書内容は今日ではまだ必ずしも「job description(ジョブ・ディスクリプション)と同意とはなっている組織は日本では少ないようなので(#日本における職務記述書)、以下の内容の視点を整えやすくするため、軸はジョブ・ディスクリプションの意から述べることにする。ジョブ・ディスクリプションは、職務内容を記載した雇用管理文書である。労働者の職務を明確化することによって「働きの度合い」と「賃金」を繋げる役割がある。成果主義、成果給を導入する際には不可欠なものであり、企業の人事考課方針などに使用される。英語では「job description(ジョブ・ディスクリプション)」といい、評価制度が一般的であるアメリカやヨーロッパでは、雇用管理の土台となる文書として広く用いられている。責任と役割毎に用意され、1つの(「一人の」ではなく)ポストに1つの文書となるのが基本である。ただし、マニュアル管理できるようなパターン職務の場合には、「働きの度合い」 と「賃金」の関係が安定しているので、1つの文書で同一職務担当者に適用することが可能である。働きに伴う「意志」の部分を管理するための文書である。なお、ジョブ・ディスクリプションの意訳に相応する日本語文書として、特にデスクワーカーの働きの「質」管理を目的にした「TROS式 業務内容取り決め書」という文書が開発されたので、それについては後段に触れておく。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1457507 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7620 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 19 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55308024 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 職務記述書(しょくむきじゅつしょ)は、英語では「job description(ジョブ・ディスクリプション)の直訳として、日本では紹介されている。しかし、その文書内容は今日ではまだ必ずしも「job description(ジョブ・ディスクリプション)と同意とはなっている組織は日本では少ないようなので(#日本における職務記述書)、以下の内容の視点を整えやすくするため、軸はジョブ・ディスクリプションの意から述べることにする。ジョブ・ディスクリプションは、職務内容を記載した雇用管理文書である。労働者の職務を明確化することによって「働きの度合い」と「賃金」を繋げる役割がある。成果主義、成果給を導入する際には不可欠なものであり、企業の人事考課方針などに使用される。英語では「job description(ジョブ・ディスクリプション)」といい、評価制度が一般的であるアメリカやヨーロッパでは、雇用管理の土台となる文書として広く用いられている。責任と役割毎に用意され、1つの(「一人の」ではなく)ポストに1つの文書となるのが基本である。ただし、マニュアル管理できるようなパターン職務の場合には、「働きの度合い」 と「賃金」の関係が安定しているので、1つの文書で同一職務担当者に適用することが可能である。働きに伴う「意志」の部分を管理するための文書である。なお、ジョブ・ディスクリプションの意訳に相応する日本語文書として、特にデスクワーカーの働きの「質」管理を目的にした「TROS式 業務内容取り決め書」という文書が開発されたので、それについては後段に触れておく。
rdfs:label
  • 職務記述書
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of