Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 翔鳳丸(しょうほうまる)は、鉄道省青函航路の車載客船。翔鳳丸型の第1船であった。日本で最初の車載客船であり、後の鉄道連絡船の原型となった船舶であった。翔鳳丸型は翔鳳丸・飛鸞丸(ひらんまる)・津軽丸(つがるまる)(初代)・松前丸(まつまえまる)(初代)の4隻で、翔鳳丸と飛鸞丸は浦賀船渠で、津軽丸と松前丸は三菱造船長崎造船所で建造されたが、浦賀船渠製と三菱造船製の間には仕様に相違があった。 この翔鳳丸型は全て太平洋戦争で失われた。ここでは、これら翔鳳丸型についてと青函航路における車両航送システムについても記述する。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1655051 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 21561 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 189 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57997171 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 翔鳳丸(しょうほうまる)は、鉄道省青函航路の車載客船。翔鳳丸型の第1船であった。日本で最初の車載客船であり、後の鉄道連絡船の原型となった船舶であった。翔鳳丸型は翔鳳丸・飛鸞丸(ひらんまる)・津軽丸(つがるまる)(初代)・松前丸(まつまえまる)(初代)の4隻で、翔鳳丸と飛鸞丸は浦賀船渠で、津軽丸と松前丸は三菱造船長崎造船所で建造されたが、浦賀船渠製と三菱造船製の間には仕様に相違があった。 この翔鳳丸型は全て太平洋戦争で失われた。ここでは、これら翔鳳丸型についてと青函航路における車両航送システムについても記述する。
rdfs:label
  • 翔鳳丸
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of