Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 習李体制(しゅうりたいせい)とは、中華人民共和国の現在の胡温体制を継ぐことに対していくつかのメディアが、中国共産党中央の予想される第五代政治体制に対しての呼び方。現在はまだ中国共産党第五代指導グループといえる実態は発生していないが、多くの人は中国共産党中央政治局常務委員の習近平が胡錦涛を引き継いで中国共産党中央委員会総書記を担当すると予想し、李克強が温家宝を引き継いで国務院総理を担当し、第五代指導グループのリーダーになっていくと考えている。そのため“習李体制”と称されることがある。習近平は中国共産党第17期第5回中央委員会全体会議で中国共産党中央軍事委員会副主席に補充され、胡錦涛の方法を踏襲して、李克強は中共国務院党組副書記、中国共産党中央財政経済指導小組の副組長を担当して、党と政府の多くの項目の重要な作業を担当して、その上2人の指導者が外国を訪問するときの待遇は、皆国家元首と政府の長のランクにあたっている。そのため普通なメディアは2人が勤務を引き継ぐ事に関してのサプライズはないと思っている。ただ、中国共産党第十八回全国代表大会は2012年の下半期まで開かれる予定はないので、“習李体制”は依然として変数としての存在にすぎない。
dbpedia-owl:predecessor
dbpedia-owl:successor
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2279375 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2679 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 27 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59107641 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:before
prop-ja:cabinetName
prop-ja:cabinetNumber
prop-ja:dateFormed
  • --03-15
  • --11-15
prop-ja:election
prop-ja:flag
  • Flag of China.svg
prop-ja:flagBorder
  • true
prop-ja:governmentHead
prop-ja:imageSize
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:incumbent
  • 現在
prop-ja:jurisdiction
  • 習李
prop-ja:politicalParty
prop-ja:previous
prop-ja:stateHead
prop-ja:successor
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 習李体制(しゅうりたいせい)とは、中華人民共和国の現在の胡温体制を継ぐことに対していくつかのメディアが、中国共産党中央の予想される第五代政治体制に対しての呼び方。現在はまだ中国共産党第五代指導グループといえる実態は発生していないが、多くの人は中国共産党中央政治局常務委員の習近平が胡錦涛を引き継いで中国共産党中央委員会総書記を担当すると予想し、李克強が温家宝を引き継いで国務院総理を担当し、第五代指導グループのリーダーになっていくと考えている。そのため“習李体制”と称されることがある。習近平は中国共産党第17期第5回中央委員会全体会議で中国共産党中央軍事委員会副主席に補充され、胡錦涛の方法を踏襲して、李克強は中共国務院党組副書記、中国共産党中央財政経済指導小組の副組長を担当して、党と政府の多くの項目の重要な作業を担当して、その上2人の指導者が外国を訪問するときの待遇は、皆国家元首と政府の長のランクにあたっている。そのため普通なメディアは2人が勤務を引き継ぐ事に関してのサプライズはないと思っている。ただ、中国共産党第十八回全国代表大会は2012年の下半期まで開かれる予定はないので、“習李体制”は依然として変数としての存在にすぎない。
rdfs:label
  • 習李体制
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:successor of
is foaf:primaryTopic of