Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 義務論(ぎむろん、英語:Deontology)とは、哲学者であり倫理学者であるカントの唱えた道徳論である。その内容は「汝の信条が普遍的法則となることを、その信条を通して汝が同時に意欲できる、という信条に従ってのみ行為せよ」というもの。功利主義などを含む帰結主義とは対立する関係にある。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 178315 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2579 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 29 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58064161 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 義務論(ぎむろん、英語:Deontology)とは、哲学者であり倫理学者であるカントの唱えた道徳論である。その内容は「汝の信条が普遍的法則となることを、その信条を通して汝が同時に意欲できる、という信条に従ってのみ行為せよ」というもの。功利主義などを含む帰結主義とは対立する関係にある。
rdfs:label
  • 義務論
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:notableIdea of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:notableIdeas of
is foaf:primaryTopic of